韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「与正氏に食事接待4回、ペンス氏1回」 文在寅大統領が北に過剰接待?

「与正氏に食事接待4回、ペンス氏1回」 文在寅大統領が北に過剰接待?

韓国紙、中央日報(日本語電子版)は13日、平昌五輪に合わせて訪韓した金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏ら北朝鮮代表団に対する文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の対応が異例だと報じた。「韓国政府が金与正を国賓級で最大のもてなしをする一方で、米国のマイク・ペンス副大統領、日本の安倍晋三首相ら主要国の最高級要人に対する配慮はおろそかにしたという指摘が出ている」と伝えている。

記事は「与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回」との見出しで掲載された。中央日報によれば、文氏は金氏と2泊3日の滞在中、開会式やアイスホッケー女子合同チームの観戦など4回にわたって接待。このほか、韓国政府幹部が代表団のために夕食会などを複数回開催していたことを伝え「多くの国から来賓が集まる行事を主催する国のトップが一国の代表団とこのように多くの時間を過ごすのは異例だ」と指摘した。

一方、安倍首相やペンス氏との会談は「失敗に終わった」と評した。両氏がレセプション会場まで車に同乗したり、開会式で隣の席に座って会話していたりしたことに触れ「韓日米のうち韓国だけが不在の様子が繰り返し演出された」と報じた。
http://www.sankei.com/


2018-02-13-k006.jpg

中央日報は、「最大の圧力は続ける。だが(北朝鮮が)対話を望めば応じる」というマイク・ペンス米副大統領の発言に日本が慌てる気配を見せている。日本はその間「米国と連携して北朝鮮に最大限の圧力を加える。対話のための対話はあってはならない」と意気込み、安倍晋三首相と米国首脳部との会談でも同じ立場を確認したと何度も明らかにしたためだと報じている。 これに先立ち、ワシントン・ポスト(WP)はペンス副大統領が韓国訪問を終えて米国に戻る飛行機で北朝鮮との対話の可能性に対する発言をしたとして「韓国が先に対北朝鮮包容に出た状況で米国も足並みをそろえる可能性があるという余地を開いておいたもの」とした。

ペンス米副大統領もころころ変わる人材であるし、韓国メディア報道の正確さはあてにならないが、対話と言う言葉を口にしたり、米国の外交下手は言うまでもないのだが、ペンス米副大統領も外交は出来そうにない。挙句にトランプは横を向き始め、日本貿易に税金を突き付けている様では、論外だ。 もっとも安倍首相と密談の上で、日本と言う名前を餌に、仕掛けたのであれば別だが…。いずれにしても米国政治は揺らぎ、それに揺さぶられる日本となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月13日 16:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp