韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  創立51年で初めてのトップ空白…会長の法廷拘束に韓国ロッテ「衝撃」

創立51年で初めてのトップ空白…会長の法廷拘束に韓国ロッテ「衝撃」

辛東彬(シン・ドンビン<重光昭夫>)韓国ロッテグループ会長(63)が懲役2年6カ月の実刑判決を受けて法廷拘束されたことで、財界5位の韓国ロッテは創立51年目にして初めてのトップの空白状況を迎えることになった。

ロッテグループは、トップの法廷拘束という宣告結果をうけ、戸惑いを隠せなかった。ロッテグループは13日「予期しなかった状況であり、惨憺たる心境だ。裁判所の判断を尊重するが、結果については非常に残念に思う」と明らかにした。ロッテは経営空白を防ぐため、ファン・ガクキュロッテ持株共同代表副会長を中心に、非常経営体制を稼動する方針だ。しかし、持株会社への転換やホテルロッテ上場、経営権問題などが絡んでいるため、グループ経営全般において不確実性が増すものとみられる。

辛会長の空白で直ちに不透明になったのは、ホテルロッテの上場だ。ロッテグループは観光・化学系列会社を持株会社体制に編入するためには、中間持株会社であるホテルロッテを上場しなければならないが、辛会長の拘束で推進が不可能になった。韓国取引所は上場規定において会社の経営透明性を重要な審査要件にしており、辛会長が賄賂供与で実刑を受けた状況では、審査の通過が危ぶまれるからだ。

韓国と日本のロッテグループの経営権をめぐる勢力構図にも不安が生じる可能性が大きい。ロッテグループは辛格浩(シン・キョクホ<重光武雄>)総括会長などオーナー一家→光潤社→日本ロッテホールディングス(ロッテホールディングス)→ホテルロッテ→ロッテ系列会社などにつながる支配構造を持っている。

スポンサードリンク
グループ経営権の核心であるロッテホールディングス株式の20%以上を保有している株主は光潤社(28.1%)、社員・役員持株会(27.8%)、日本ロッテ系列会社2社(20.1%)などだ。辛(東彬)会長が保有するロッテホールディングスの株式は1.4%に止まり、社員・役員持株会などの支持を得て経営権を確保した状況だ。彼らが辛会長の有罪判決を理由に支持を撤回すれば、経営権は大きく揺らぐことになる。また、日本の会社法は禁固以上の刑を取締役の欠格事由として定めている。しかし、裁判が韓国で開かれた上にまだ刑が確定しておらず、この条項を適用することは難しく、経営権の維持には大きな問題がないと見られている。

ロッテ免税店ワールドタワー店の特許(営業権)の行方も分からなくなった。辛会長の贈賄罪が確定すれば、ワールドタワー店の免税店の特許が取り消される可能性が高い。関税庁は「贈賄容疑が法廷で確定判決されれば、関税法違反の有無を調べた後、特許の取り消しを決定することになる」と明らかにした。関税法第178条2項は偽りやその他の不正な方法で特許を受けた場合や欠格事由、名義貸しが確認されれば、特許を取り消せると定めている。
http://japan.hani.co.kr/arti/

朴槿恵韓国前大統領の長年の知人で、前政権期にあった国政介入事件の中心人物とされる崔順実被告の判決公判が13日午後にソウル中央地裁で開かれ、崔被告らへの贈賄罪に問われた韓国ロッテグループ会長の辛東彬被告にも判決が言い渡された。ソウル中央地裁は崔被告に対し懲役20年(求刑25年)と罰金180億ウォン(約18億円)の判決を言い渡した。また辛被告に対しては懲役2年6カ月(求刑4年)の実刑を言い渡した。実刑判決を受けた辛被告が拘束されたことで、ロッテグループは創業家一族ではない経営専門家を中心とした臨時の経営体制を敷くとみられており、財界関係者は持ち株会社「ロッテ持ち株株式会社」で辛被告と共同で代表取締役を務める黄ガク圭氏や流通、食品、ホテル・サービス、化学の4部門の部門長を中心とする体制が構築されるとの見方を示している。

ロッテの経営も組織も網の目組織で、違法の抜け道作りで仕上げた組織である。一方、日本ロッテの組織体系は日本のシステムに則っている。利益面では韓国ロッテが上だが、強引で品質低下にもかかわらず、日本ロッテと大きく商品の差がある。これでは日本と切り離してもらわないと、日本ロッテの信用回復のめども立たない。本来株式会社ロッテホールディングスの傘下だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月14日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp