韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  5つ星でも信じられない衛生状態、韓国ホテルが不安一掃に躍起

5つ星でも信じられない衛生状態、韓国ホテルが不安一掃に躍起

ソウル市内の一流ホテルの衛生状態に問題があると先日報道されて以来、「5つ星でも信じられない」という声が上がっている。中国や日本などの海外メディアでも報じられ、波紋はさらに広がりつつある。問題となったホテルではトイレ掃除専門スタッフの別途採用、食器類の追加購入・一括洗浄など衛生マニュアルを変更して対策を講じている。

問題になったなホテルではこのほど、トイレ掃除担当スタッフや中央洗浄室スタッフを追加採用した。このホテルでは便器を磨いたスポンジで客室のコップも洗い、問題になっていた。報道後、トイレ・バスルーム清掃スタッフをトイレ担当とバスルーム担当に分け、掃除道具を兼用しないよう新たなマニュアルを作成した。コップは中央洗浄室で一括管理する方式に変えた。各客室に殺菌消毒器も設置する。13日に客室の半数に設置し、残りは旧正月(今年は2月16日)以降に設置することにした。設置前は使い捨て品を提供する予定だ。定期衛生検査の結果は公式ホームページなどで公表する方針だ。

別のホテルではベッドルーム清掃・寝具整理・トイレ清掃スタッフを別々に配置することにした。トイレ掃除をしていたスタッフが寝具などに触れないようにしたものだ。このホテルの関係者は「衛生が最も重要だと考え、最も効率的なマニュアルを準備しているところだ」と言った。さらに別のホテルでは、これまでの清掃スタッフ1人に加えて、食器洗い専門スタッフと、客室内の備品を回収・補充するスタッフを追加配置する予定だ。スタッフの定期教育も月に2回から4回に増やし、衛生状態の監視を強化する。


2018-02-15-k006.jpg

今回の一流ホテル衛生問題はスタッフ個人の職業倫理の問題だと指摘する声がある。各ホテルでは清掃スタッフが任意の判断でできる部分を極力減らし、マニュアルをより細かくした。これまで宿泊客が使用していないコップは水だけで洗っていたこともあった。あるホテル関係者は「タオルなど毎回洗う必要がある備品はすべて回収し、中央洗浄センターで作業した後、担当に渡している。特にコップについては洗った後、密封して配置することも検討している」と明らかにした。このホテルはコップの数を従来の8000個から1万個に増やした。客室のすべてのコップを一度に洗っても不足しないようにしたのだ。客室内の備品の汚染度を測定する機械を新たに購入し、毎日洗えないカーペットや家具についても汚染度の適正基準を作成している。
http://www.chosunonline.com/

総合編成チャンネル「TV朝鮮」の時事番組『消費者探査隊』で放映されたソウル市内の一流ホテルの清掃映像は衝撃的だ。番組スタッフが3ホテルの部屋に隠しカメラを設置、掃除をどのようにするかを観察した。あるホテルでは清掃スタッフがスポンジで便器と浴槽を磨いた後、ゴム手袋もスポンジも取り換えずにコップを洗った。そして、宿泊客が使って浴室の床に落ちていたタオルを拾い上げてコップの水気をふき取った。次の宿泊客はこのコップに水を入れて飲むだろう。 別のホテルでも同じようにトイレ掃除をしたスポンジでコップを洗った。宿泊客が使用した枕カバーは取り換えもしない。さらに別のホテルではスタッフがタオル1枚で洗面台・浴槽・便器・トイレの床を順に掃除した。

一方、中国の一流ホテル3カ所で昨年末撮影された清掃の様子の動画が公開され、中国国内で大問題となった。便器を磨いたブラシでコップを洗ったり、バスタオルを便器の水でぬらして床を掃除したりしていた。韓国と中国のホテルは異常だ。気を付けようにも記事を読んだ人以外は気が付かないだろう。韓国のホテルは信用しないで注意してほしいものであるが…。朝鮮日報は連日報じている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月15日 10:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp