韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トランプとGMの挟み撃ちに遭う韓国

トランプとGMの挟み撃ちに遭う韓国

トランプ大統領が2日連続で韓国に対す強硬発言に及び、経済的圧力を強めている。トランプ大統領は13日、ホワイトハウスで上下院議員と貿易に関する懇談会を開き、「韓国GM群山工場がデトロイトに戻ってこようとしている。自分が大統領にならなかったら、こんなニュースを聞くことはできなかっただろう」と述べた。群山工場の閉鎖決定が自分の功績であるかのような言いぶりだ。さらに、トランプ大統領は「韓米FTA(自由貿易協定)は災いだ。公正な交渉を行うか破棄する」した上で、「米国ではテレビを作らず、大半は韓国から輸入されるが、これは韓国がダンピングを行ったからだ。韓国製テレビに報復関税を課すべきだ」とも語った。

トランプ大統領のスケジュールは、11月に行われる米中間選挙に合わされている。支持率低下に直面するトランプ大統領は、通商分野で成果を上げなければ労働者の支持を結集させられない。 スケジュールに「同盟関係」という単語はない。トランプ大統領は12日、「我々は韓国、中国、日本に対し、(貿易赤字で)巨額のカネを失った」とし、それを「殺人」に例えた。そして、「米国を利用した国の中には同盟国もあるが、貿易では同盟ではない」と指摘した。梨花女子大の崔炳鎰(チェ・ビョンイル)教授は「自国の利益のためには、これまでの外交関係や通商秩序を無視するのがトランプ政権だ」と評した。

米製造業界はそれを活用している。最近の米国による通商攻勢の特徴は、業界の提訴を受け、政府が調査に着手し、相手国の企業に圧力を加える「チームプレー」の形を取っていることだ。米洗濯機業界のワールプールによる提訴を受け、米政府がサムスン電子、LG電子の洗濯機にセーフガード(緊急輸入制限)を発動し、最高50%の高関税を課したのが代表例だ。


韓国GMの工場閉鎖問題も米政府と業界のチームプレーで推移するとの見方が有力だ。
http://www.chosunonline.com/

2013年から韓国自動車部品メーカーの海外自動車メーカーとの取引が拡大した。その最大の理由は、韓国HyundaiMotor社の購買戦略の変化だ。同社は北米やロシア、インドなどで現地生産を加速しており、現地メーカーとの取引を増やしている。Hyundai社の調達が自由化に向かうことで、韓国部品メーカーも同社に頼らず自ら取引を拡大してきた。追い風になっているのがFTAの締結だ。韓国は2011年7月にEUと、また同年11月に米国とFTAを結び、韓国部品メーカーがドイツVolkswagen社や米GM社といった欧米大手メーカーと取引しやすくなった。

2016年には、自動車部品のハーマンが韓国サムスン電子に総額約80億ドル(約8600億円)で身売りした。米国からすればGMと韓米FTAで伸びた韓国自動車販売と更に拡大した自動車部品は、トランプにとっては厄介だろう。中国やメキシコを利用しすぎた部分も多分にある。米国へ自動車販売するにしても、見合った投資と雇用促進が無ければ難しい状況だ。TPPを離脱した米国はFTAにたよらざるおえない。日本とて今後トランプの標的となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月15日 16:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp