韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の若者が「南北統一」に嫌悪感を抱くワケ

韓国の若者が「南北統一」に嫌悪感を抱くワケ

ほとんどの若者たちは統一に対する関心を失っている。彼らは、朝鮮は2つの個別の国から成り立っているのであり、わざわざ統一する必要はないと考えている。2月9日から韓国で開催されている冬季オリンピックの長期的な影響として、こうした「メッセージ」が北朝鮮の同胞たちに届くことがあるかもしれない。韓国の同胞たちに対してでもある。北朝鮮の韓国に対する「ほほ笑み外交」はもはや通用しないだろう。 韓国の若い世代は統一にあまりこだわっていないのである。

北朝鮮はこれまで、米韓同盟を支持する韓国保守派層の取り崩しを図りつつ、朝鮮民族による「民族共同体」の実現を掲げて韓国の人々の感情に訴えることで、自分たちへの支援を取り付けようとしてきた。とりわけ、過去に韓国が取り組んだ太陽政策期間中に、人種や家族のつながりに関する韓国側の感情をゆさぶる戦略は、ある意味このようなことだと言えるかもしれない。「われわれは、あなた方南側の兄弟姉妹と協力し合うことを望んでいる。しかし、米国が間に入ってその邪魔をしているのだ」。

文政権を支持しないとした若者の一部は、オリンピックの宴席に北朝鮮選手に複数席をオファーするという文大統領の熱意と明らかに関係している。12人の北朝鮮選手が韓国のホッケーチームに加えられた際、ある調査では、70%が不賛成と回答したこれは、若い韓国人が北朝鮮に対して、嫌悪感を持っているか、あるいは、積極的に敵意を持っている傾向の一例である。2015年の牙山研究所の調査では、「若者の北朝鮮離れ」が過去5年間で「おそらく世論調査の最も重要なテーマである」とされた。「若者層は、同性婚のような問題については明らかに進歩的だが、ハードコアな安全保障問題については極めて保守的である」と結論づけている。


2018-02-16-k006.jpg

北朝鮮が“韓国人すべて”に対し、協力と一体化の促進を呼びかけたのを若い韓国人たちは聞いたが、それに対し行動を起こすことはなさそうだ。彼らにとって朝鮮人の韓国への訪問は、興味深いものではあっても、2000年代初頭の支援活動時にあったような喜びと希望に満ちたものにはならないだろう。 文大統領は民主的で実用主義的な政治家である。もし、同氏のやっていることが、多くの国民が抱いている感情よりもはるかに先行しすぎるような事態になれば、方針の見直しを行うだろう。
http://toyokeizai.net/

統一すれば人口が7500万人になるからアジアの大国になるのだという妄想を描く。統一すれば北朝鮮は多少生活は豊かになり、南朝鮮は悲惨だろう。そもそも統一自体莫大な金を必要とするわけで、すぐ日本を引き合いに出す。とんでもない国である。統一妄想劇はすぐに消えるのではないかと思いたいが…。後先考えずに勝手に行動する連中である。北朝鮮にとっては戦争回避の対応策だろうし、非核化と因果関係はない。文大統領は、朴槿恵以上に、統一妄想が強い様だ。冬季オリンピックが終了し、北朝鮮が次どの様な一手を繰り出すのか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月16日 16:47 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
ドイツ統一は1対2、それでも150兆円、20年、係った
14倍もの経済格差があって統一など不可能、韓国の一般国民、特に若者に周知させないと
北の生活レベルを上げるか、韓国の生活を落とすか、北の生活を上げるには、50年は最低係る、でも、その頃には韓国はさらに経済は先にいっている、いたちごっこ
逆は韓国が戦争を起こして、経済インフラ全て破壊され、国民も多数の死者を出し、国民の預金も使い果たせば北に限りなく近づく、2年で追いつける、そちらの方が早い、
共産主義に支配された北、自由主義に支配された韓国、その差は大きい、さらに開くばかり
東ドイツ国民も自由を求めた、当たり前の話、みんな人間だもの
[ 2018/02/17 05:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp