韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  羽生結弦の金メダルに日本のファン熱狂「宇宙人のよう」

羽生結弦の金メダルに日本のファン熱狂「宇宙人のよう」

2018年2月17日、新浪体育は、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦について、日本のファンが「偉大な選手。宇宙人のようだ」と絶賛していると伝えた。

ショートプログラム(SP)首位の羽生はフリーで206.17点を出し、合計317.85点で男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した。昨年11月の右足首の負傷から復帰した今大会での金メダルに、羽生のファンらは熱狂した。

記事は、フリーの演技で羽生は自らの「金メダルを取る」、「五輪を知っている」発言を証明してみせたとし、日本のファンからネットに寄せられたコメントを紹介。

「4年後の北京五輪を待っている。最高に偉大なスケート選手だ」「宇宙人みたいに無敵のレベル。北京でも期待」「美しすぎる。すごすぎる」「彼は自分よりずっと若いけれど、一言言わずにいられない。尊敬している」

「小さなミスをした時には、緊張で震えが来た。フェルナンデスが完璧な演技だったら……金が取れてよかった」などの声が上がったとしている。
http://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
2018-02-18-k001.jpg

国際オリンピック委員会(IOC)は17日、フィギュア男子で羽生結弦(23)が取った金メダルが、冬季五輪の記念すべき1000個目の金メダルだと発表した。1個目は、24年シャモニー大会で、ジュートロー(米国)がスピードスケート男子500メートルで獲得した。94年をかけて、羽生のメダルに、歴史が刻まれた。羽生はフリーの冒頭で4回転サルコーで成功、続く4回転トーループも成功。演技後半では4回転サルコー―3回転トーループで18・99点を稼いだ。4回転トーループからの3連続ジャンプや3回転ルッツで失敗したが、ミスを最小限にした。演技後、「まずこの会場で滑ることができてほっとしているのと、あと本当に自分がやりきれたなと思うくらいの演技ができたことがよかったと思う」と話した。

SP3位の宇野は、冒頭の4回転ループで転倒したが、4回転フリップを成功させるなど立て直し、初の五輪で銀メダルを獲得。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月18日 09:29 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp