韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプ氏決断、平昌五輪終了後に核施設を空爆か

トランプ氏決断、平昌五輪終了後に核施設を空爆か

ドナルド・トランプ米政権で、北朝鮮への強硬発言が相次いでいる。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を利用した「微笑外交」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を骨抜きにし、「核・ミサイル開発」の時間稼ぎを続けているからだ。北朝鮮の核保有を断固容認できないトランプ政権が、限定的な先制攻撃を意味する「鼻血(bloody nose)作戦」を検討しているとの報道もある。トランプ大統領が、平昌五輪・パラリンピック(3月18日閉幕)終了後、作戦遂行のゴーサインを出す可能性があるのか。

「彼らが核開発をやめるまで、トランプ政権の北朝鮮政策は何の変更もない」「米国には、北朝鮮の『核・ミサイルの脅威』に対処可能な軍事的選択肢がある」 マイク・ペンス副大統領は14日、米ニュースサイト「アクシオス」のインタビューで、こう述べた。 米紙ワシントン・ポストは12日付で「ペンス氏が『(北朝鮮が)対話を望めば、話をするだろう』と話した」と報じた。だが、アクシオスのインタビューで、ペンス氏は「対話は交渉ではない」といい、北朝鮮が核放棄しない限り、実質的交渉はしない考えを明確にした。

13日の米上院特別委員会の公聴会では、トランプ政権幹部から、北朝鮮に対する厳しい発言が相次いだ。 ダン・コーツ国家情報長官は、北朝鮮の脅威に対し、米国が行動を取ることができる時間は残り少なくなっているとして、「決断の時が、かつてないほど迫っている」と語った。コーツ氏は、北朝鮮が今年も弾道ミサイル発射を複数回強行するだろうとも予測した。
マイク・ポンペオCIA(中央情報局)長官も、核兵器保有を目指す北朝鮮の姿勢に「変化の兆しはまったくない」と述べた。ポンペオ氏は、米軍が北朝鮮への限定攻撃に踏み切った場合に想定される反撃などについて「分析済み」と語ったが、詳細は明らかにしなかった。


北朝鮮への限定先制攻撃として、トランプ政権が検討していると米国や韓国メディアで報じられているのが、前出の「鼻血作戦」だ。 トランプ政権としては、これ以上、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の暴走を放置できない。まず、顔面に一発パンチをお見舞いして、米国の怒りを見せつける-というものだ。巡航ミサイルや航空戦力で、核・ミサイル関連施設を攻撃する作戦とみられている。

評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「鼻先を殴る程度であれば、北朝鮮が本気で殴り返してこないだろう-という楽観的見通しを前提にした作戦のようだ。作戦実行を決めた場合、在韓米国人は地下シェルターのような施設に避難させる措置を取るだろう。もし、北朝鮮が38度線の北側にある長射程砲などで反撃してくれば、北朝鮮の多くの拠点を制圧する本格的軍事作戦に移行する構えではないか」と分析した。
http://www.zakzak.co.jp/

今のトランプが実行するとは考えにくい。口先だけで行動力は無い。外交下手の米国らしいが…。一方で同盟国と貿易は別と言うトランプ。本来、その中には外交と言う重要な行動が含まれる。外交には投資やODAがふくまれ、日本などはEPAも含まれる。米国がただの国と化すほどに世界は混乱する。日本政府の対応はまだ報じられていない。日米首脳間では、大筋話は通しているだろう。日本と言う名称を出すことで、トランプ流の言動は効果大となる??

まして北朝鮮空爆と言うのは、行動力に欠ける米国にとっても、対話と攻撃とに分かれ、今までも曖昧で終わっているが…

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月18日 09:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp