韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国失業率が4年連続悪化 OECD加盟国で唯一改善せず

韓国失業率が4年連続悪化 OECD加盟国で唯一改善せず

経済協力開発機構(OECD)加盟国の平均失業率が世界金融危機以前の水準を回復する一方、韓国は4年連続で悪化したことが18日までに分かった。 OECDによると昨年の加盟33カ国の平均失業率は5.78%で、世界金融危機の前年の2007年(5.63%)と同水準まで回復した。加盟国の平均失業率は08年の金融危機やその後の欧州債務危機で10年には8.34%まで悪化したものの、それ以後は7年連続で改善している。 一方、韓国の失業率は昨年3.73%で、金融危機前の水準を回復できなかったのみならず、13年から4年連続の悪化となった。

07年に3.25%だった失業率は金融危機後の10年に3.73%まで上昇したものの、13年には3.13%に低下した。しかし、それ以降は14年に3.54%、15年に3.64%、16年に3.71%と悪化し続けている。 米国や日本、ドイツの失業率が金融危機前の水準まで回復したのとは対照的だ。OECD加盟国全体でも昨年の失業率が前年より悪化したのは韓国とチリのみ。しかもチリの失業率は金融危機前の水準を回復している。

さらに韓国の若年層(15~24歳)の失業率は昨年10.3%で、14年に10%台に上昇して以来、4年連続で10%台で高止まりしている。OECD加盟国の若年層の平均失業率は10年に16.7%まで悪化して以降、7年連続で改善している。 韓国・延世大の金正シク(キム・ジョンシク)教授(経済学)は、韓国は内需が回復しないため雇用も回復しないと指摘した上で、「雇用は内需と直結しているため早期の回復は容易でない」との見方を示している。
http://www.chosunonline.com/





世界主要国の景気回復に伴い雇用状況にも好転が見られるが、韓国の雇用情勢は依然として楽観視できず、特に若者の失業率が上昇を続けていると韓国・聯合ニュースが14日に伝えている。 経済協力開発機構(OECD)が14日に発表したデータによると、韓国の2017年第3四半期の15−24歳の失業率は10.2%。韓国の若者の失業率は2017年末まで、3四半期連続で10%以上となった。

2017年第3四半期を基準とすると、韓国の若者の失業率はOECD加盟国のうち10位となっているが、問題となっているのは失業率の伸び具合だ。韓国の2012年第3四半期の若者の失業率は9.0%で、2017年第3四半期まで1.2ポイント増加した。この期間中、韓国の若者の失業率の伸び率は、トルコ、ノルウェー、チリに続く4位だった。

韓国経済には回復の流れが見られるが、雇用状況は依然として楽観視できないと分析されている。これは韓国の経済発展が主に、半導体など一部の産業に依存しているからだろう。韓国貿易協会傘下の国際貿易研究院が発表したデータによると、2016年に韓国の輸出が各産業にもたらした雇用効果を見ると、半導体は11万人と自動車(23万人)やその他の製造業(20万人)の半数程度に留まっている。韓国の失業制度が不健全であり、失業率の上昇につながっているという分析もある。

むしろ体感失業率を調査したほうが正解なのではないか…。本来の失業率に近い。すでに30%近くまで上昇しているはず。失業をあきらめる度合いの大きさが、異常値超えの韓国であるから、他国へ職を求めたりと、様々な行動をする。日本へ職を求める韓国人は後を絶たない。一方で中国企業はヘッドハンティングの好機となり、韓国・日本から現役社員をヘッドハンティングしている。韓国に至っては骨抜き状態ともいえる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月19日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp