韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  GMの次の手順は富平工場の統廃合か、昌原工場閉鎖か?

GMの次の手順は富平工場の統廃合か、昌原工場閉鎖か?

韓国GM群山(クンサン)工場閉鎖を決定した米ゼネラル・モーターズ(GM)が政府に提示した交渉期限は10日しか残っていない。GMの動きを見ると、満足のいく答えを得られないと判断すれば次の段階の構造調整に入る可能性が大きい。GMの追加措置として、富平(ブピョン)1・2工場の統廃合や昌原(チャンウォン)工場の閉鎖などが取り上げられている。

18日、韓国GMの工場の現況などを見ると、1・2工場に分かれた仁川富平工場の生産能力は年間50万台規模だ。雇用人数は1万人に上る。生産量が減り工場閉鎖が予見されてきた群山工場とは生産量や雇用など規模面で比べものにならないほど大きな事業場だ。 小型セダン・アベオと小型スポーツ実用車(SUV)トラックスを生産する1工場は100%稼動中だ。だが、中型車マリブと中型スポーツ実用車キャプティバを生産する2工場の稼働率は販売不振のため最近50%に落ちた。昨年、富平工場の生産量は33万台にとどまった。業界関係者は「これまで富平工場は新車投入や追加受注配分がない場合、1、2工場を統廃合するという話が絶えず出ていた」と話した。

年間30万台の生産能力を備えた昌原工場も2次構造調整の対象になる可能性が高い。軽自動車のスパークと軽商用車のダマス・ラボを生産中の昌原工場は、現在稼働率が70%にとどまっている。だが、スパークがモデルの老朽化により販売が減っているうえ、国内環境基準を満たせなかったダマスとラボの生産は来年末に中断される予定であり、昌原工場の稼働率も50%以下になる見通しだ。





GMが韓国から完全に手を引くかどうかを断定して語ることは難しい。政府の財政支援の有無などによって、状況が流動的だからだ。カハー・カゼム韓国GM社長は「今回の処置(群山工場の閉鎖)は、韓国での事業の構造を調整するための努力の第一歩」と述べている。韓国GMの競争力と成長性などを考慮すると、GMは政府の支援とは別に、韓国GMの事業構造を段階的にスリム化する可能性が大きいものと予想される。イ・ハング産業研究院先任研究委員は「GMが破産局面からGM大宇の流動性問題を解消するために韓国政府に要求した2009年とは違い、今はGMが刀の柄を握った状況」だとし、「いざとなれば手を引くこともでき、これを基盤に瀬戸際戦術をよく使うため、政府も対応シナリオをうまく作らなければならない」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

ドナルド・トランプ米国大統領が13日(現地時間)、米ゼネラル・モーターズ(GM)の韓国群山工場閉鎖が決定したことに関連し、「実に重大な発表だ。私が大統領にならなかったらこのような便りを聞くことができなかっただろう」としながら「彼らが韓国からデトロイトに戻ってきている」と話している。 ロイター通信は「トランプ大統領がGMの群山工場閉鎖措置を韓米自由貿易協定(FTA)を攻撃するための手段にしている」と分析した。実際、トランプ氏はこの日ホワイトハウスの懇談会で韓米FTAに対して毒舌を浴びせた。トランプ氏は「我々は韓国と、非常に、非常に悪い貿易協定を結んでいる」とし「その協定は我々に損失だけを与えている。韓国との協定は災難だった」と批判した。

フランスのPSA(プジョー/シトロエンなど)グループは昨年3月6日、米国最大の自動車メーカー、「GM(ゼネラルモーターズ)の欧州子会社オペルなどを22億ユーロ(約2650億円)で買収する」と発表しており、これによりGMは欧州市場から撤退することになった。PSAは年間販売台数100万台規模の勢力を傘下に収めることになり、欧州市場ではルノーを抜いてVWグループに次ぐ第2位になる。GMも必至だ。上位の世界企業は限られる。GMはその地位を維持するために経営手法を切り替える必要がある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月19日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp