韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国GMの輸出の3割が2年後に中断…富平・昌原工場にも飛び火

韓国GMの輸出の3割が2年後に中断…富平・昌原工場にも飛び火

韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖発表による波紋が広がっている。民主党韓国GM対策タスクフォース(TF、作業部会)は20日午前11時30分、アングルGMインターナショナル社長など米ゼネラルモーターズ(GM)本社関係者に会う。韓国政府も企業の実態を把握する調査をするために韓国GM実務陣との協議に入っている。共に民主党・自由韓国党・正しい未来党など主要政党も19日、一斉に党レベルで議論を始めた。

アングル社長がまた訪韓した理由は、韓国政府が韓国GMに対する支援を決めるうえで与党の支援を受けるためと解釈される。アングル社長は2回の訪韓で政府・仁川市の関係者に会った。 北米・中国を除いたGMグローバル事業場を総括するGMインターナショナルのトップが今年に入って3回も訪韓したのは、GMが定めた期間が迫っているからだ。アングル社長は13日、群山工場の閉鎖を決め、「2月末まで利害関係者との議論を続け、意味のある進展がなければいけない」と述べた。「意味のある進展」がなければ追加のリストラがあるということだ。追加リストラの輪郭が表れている。

オペル自動車のロシェラー最高経営責任者(CEO)は昨年11月、輸入縮小を含む「オペル復活3大戦略」を発表した。特にロシェラーCEOは韓国GMから輸入する小型車「スパーク」と小型SUV「トラックス」に言及し、「韓国GMの2カ所の工場(富平・昌原)から輸入する車がオペルの全体生産量の10%にのぼるが、これは良くない事業(not a good business)」と評価した。


GMは系列会社オペルとボクスホールを通じて「スパーク」「トラックス」を販売してきた。昨年プジョーシトロエングループ(PSA)にオペルを売却したが、その後も依然としてオペル・ボクスホールはこの車を韓国GMから輸入して販売している。ロシェラーCEOは2020年まで海外輸入台数を最大20万台縮小すると明らかにし、「韓国での生産分を欧州で生産すればオペルの流動性を管理するのに有利であり、収益性も高め、雇用も増やすことができる」と話した。

結局、韓国GMの昨年の全体輸出(52万台)のうち32%(16万台)を占めていた欧州向けが抜ければ、韓国GMは追加リストラを断行するしかない。特に昌原(チャンウォン)工場は「ダマス」「ラボ」など軽商用車生産台数(7万5000台)よりも欧州に輸出する「スパーク」(13万5000台、64%)生産台数が多い。富平(プピョン)工場もオペルに「トラックス」(現地名「モカ」)を輸出している。 ひとまず韓国GMは労働組合と進行中の2018年賃金および団体交渉を2月末までに急いで終えるという立場だ。韓国GMは「2月末-3月初めにGMが全世界事業場の新車生産物量を配分する。その前にGMと労組が協力してコスト削減案を出しておけば、GMも韓国GMに新車を配分するだろう」と期待を表した。
http://japanese.joins.com/

韓国の政府当局者らは13日、GMの現地法人、韓国GMへの金融支援の可否は、残る事業への新規投資を巡るGMの判断に左右されると語っている。ステークホルダーと協力してリストラを遂行し、妥当なコスト構造を達成できれば投資を行うと説明した。韓国はかつてGMの主要輸出拠点で、ピーク時には全世界の生産台数の2割近くを占めていた。ただ、労働コストの急上昇や韓国GMが主に生産するセダンの需要低下、中国への大型投資が韓国事業の競争力悪化につながった。韓国GMは14─16年に計1兆9000億ウォン(18億ドル)の純損失を計上している。

韓国GMが韓国内絵販売した新車台数は、昨年で52万4547台だ。ちなみに海外販売は昨年、39万2170となる。韓国にある組立工場4カ所だ。韓国GMはここ4年間で2兆6千億ウォン(約2600憶円)の赤字を出した。このような大規模の損失は車が売れないからだ。ここにシボレーブランドの欧州撤退など、GMのグローバル事業調整による影響や過度な借り入れなどが経営難を加重させた。低調な販売実績で他の工場の稼働率も急落した。 現在、工場稼働率が100%なのは小型のアベオとトラックスを生産する富平第1工場だけだ。と考えれば2年後に中断という中央日報は、考えが甘いだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月20日 16:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp