韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプの「南北の身内祝いパーティー」請求書

トランプの「南北の身内祝いパーティー」請求書

政治がスポーツより上だという。北朝鮮IOC(国際オリンピック委員会)委員もそうだったし、アイスホッケー合同チームを作る時に韓国政府もそうした。だが、やはりスポーツは政治より美しかった。 日本の小平奈緒選手。銀メダルだった韓国の李相花(イ・サンファ)選手が涙を流してリンクを回ると、小平は立ち止まって李相花を待った。そして互いに抱擁したままリンクを回った。中学校の時からの宿敵。2人は互いに「誇らしい。尊敬する」と声を掛け合った。長きにわたって汗と情熱をともに分かち合った仲から、相手に対する信頼があったから、「尊敬」という言葉が出てきたのかもしれない。どうしたら相手に一発食らわせることができるだろうかと虎視眈々と狙っている韓日の政治指導者より100倍立派で美しい。

「脅迫は脅迫を、非難は非難を、呪いは呪いを生む」と言ったリンカーンの言葉は間違いだ。ショートトラック女子500メートルで崔ミン禎(チェ・ミンジョン)との身体接触でSNS炎上の憂き目にあったキム・ブタン選手。涙を流した。だが、彼女は5日後の1500メートル競技で銅メダルを獲得した後、授賞式で崔ミン禎と一緒に手でハートの形を作るパフォーマンスを見せて明るく笑った。それからSNSのコメントに対して「すべての韓国人がそうだとは思わない。悪意の非難に傷つきはしたが腹が立ったわけではない」と話した。非難をハートで包みこんだ。クールだった。崔ミン禎に対する、スポーツに対する信頼だった。

これは個人間関係にとどまらない。信頼は国家間で別の光景、別の結果として現れる。
ペンス米国副大統領が韓国側が用意した「握手イベント」を拒否して戻った後、トランプは文在寅(ムン・ジェイン)大統領ではなく日本の安倍晋三首相と電話会談をした。実に76分。過去19回の電話会談の中で最長だった。消息筋によると、平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の休戦決議期間(3月25日)以降の韓半島(朝鮮半島)対処について綿密に点検していたため会談時間が伸びたという。電話会談後、日本NSC(国家安全保障会議)が非常体制に転換したという話も入ってくる。何よりも「日米同盟事前協議→韓国通知」、あるいはその通知さえもまともに行われていない現状況は非正常的だ。韓米首脳電話会談がもっぱら後回しになるには理由がある。


このような渦中に、トランプは「セーフガード、互恵税賦課、GM撤収、鉄鋼高関税賦課対象国指定」という経済“絨毯爆撃”を韓国にかけようとしている。同盟国の日本はここから抜けている。一連の攻勢が韓国に集中しているのは、中国を狙ったものだという見解や「米国ファースト」という経済論理だけでは説明がつかない。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)の「南北の身内祝いパーティー」の請求書額は十分に天文学的だ。
http://japanese.joins.com/

「セーフガードの発動により、トランプ政権が常にアメリカの労働者や農家、牧場経営者、企業を守る立場であることがはっきりした」と、米通商代表部(USTR)のロバート・ライトハイザー代表は1月22日に声明を発表している。だが太陽光発電産業の関係者は、セーフガードが発動されれば太陽光発電にかかるコストが跳ね上がり、大量解雇につながるとみている。サンパワーのトム・ワーナーCEO(最高経営責任者)はロイター通信に対し、関税が適用されれば大打撃を被ると言った。

サンパワーは輸入太陽光パネルにかけられる30%の関税について、適用除外を要求している。トランプ政権によるセーフガードの発動には、中国勢などの割安な海外メーカーの攻勢から国内の太陽光パネルメーカーと雇用を守る意図があるが、サンパワーは太陽光パネルの大半をフィリピンとメキシコで生産しているため逆に痛手となる。セーフガード適用でも自国内企業問題は残るという事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月21日 09:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp