韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  燃料電池車に取り組む日本のおかげで「燃費を気にするのは時代遅れに?」

燃料電池車に取り組む日本のおかげで「燃費を気にするのは時代遅れに?」

中国では次世代エネルギーの自動車として、電気自動車(EV)の開発・販売に力を入れている。実際、中国国内ではEVが路線バスに次々と採用されており、その数は日本よりずっと多い。しかし、日本はEVを飛び越してさらに先を行く次世代エネルギーの自動車を広めようとしているという。それは「燃料電池車(FCV)」だ。

中国メディアの捜狐は19日、日本のFCVへの取り組みを紹介し、燃費を気にするのはもう時代遅れだとする記事を掲載した。記事はFCVについて、さらなる技術の向上が求められているものの、EV以上のメリットがあるため、「理想的な自動車」だと紹介した。

では、FCVのメリットとは何だろうか。記事はまず、FCVは水しか排出せず環境にやさしいと指摘。また、酸素と水素の化学反応によって発電を行うため化石燃料を必要としないこと、モーター駆動のため、騒音がないことを紹介。そのうえ、ガソリン自動車よりも効率的なエネルギー変換が可能なため、水素を満充填した場合、ガソリンよりも航続距離が長いと伝えた。

FCVは水素ステーションの設置問題やコスト高からまだあまり普及していないが、日本の自動車企業の努力でここまで進化してきたと言えるだろう。記事は、日本のように資源の乏しい国にとってFCVは非常に魅力的だったことや、「技術オタク」の熱心な研究のおかげで、ここまで進歩したのだと分析した。

スポンサードリンク



日本は2040年までにFCVを300ー600万台にまで普及させる目標だと記事は紹介。今のところEVでは中国の方が進んでいるようだが、より高い技術の求められるFCVの分野では、やはり日本がずっと先を行っている。
http://news.searchina.net/

FCVは車内で水素と酸素を化学反応させて作り出した電気を使って、モーターで走る。FCVもEVもCO2(二酸化炭素)排出ゼロのゼロエミッション車(ZEV)という点では同じだが、一般的にEVが構造上簡単な一方、FCVは水素を扱うために構造が複雑になりやすく、技術力も必要になる。そのため、EVに比べて参入障壁は高い。トヨタは2025年頃までにエンジン車だけの車種をゼロにする「電動車普及に向けたチャレンジ」を公表。世界で販売する全車種をEVやHV(ハイブリッド車)、PHV(プラグインハイブリッド車)、FCVなど電動専用車もしくは電動車を選べるようにする方針を示している。

EVではトヨタは欧米勢に比べて出遅れていたが、ここに来て取り組みが本格化している。昨年はパナソニックと車載電池開発での提携や、マツダ、デンソーとEV開発での新会社設立などを矢継ぎ早に打ち出した。その一方、本家でもあるFCVの話題が出ることは少なかった。豊田章男社長は今年1月の業界団体の賀詞交換会で「トヨタは電動化フルラインナップメーカー」と断言。「何を選ぶかはそれぞれの国の事情で変わる。お客様がどれを選ぶのかはっきりするまで、全方位で戦う」と話す。EV戦略を加速しつつ、優先してきたFCVへの投資も継続する考えを示している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月22日 10:44 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp