韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  政府・GM「速やかに韓国GMを調査」…交渉の第一歩

政府・GM「速やかに韓国GMを調査」…交渉の第一歩

韓国政府とゼネラル・モーターズ(GM)が「速やかに韓国GMの実態調査を進める」ということに合意した。これを受け、GMが主張した「2月デッドライン」は事実上消えた。政府とGMは新たに交渉に臨むことになった。

金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官は22日、政府世宗庁舎で記者懇談会を開き、「今週初めの韓国GM関連部処長官との経済懸案懇談会で▼会社正常化に向けた大株主の責任ある役割▼株主・債権者・労組利害関係者の苦痛分担前提▼長期的な経営正常化案の必要--という3大原則を立てた」と述べた。

金副首相は「この日、コ・ヒョングォン企画財政部1次官がアングルGM海外事業部門社長に会ってこのような原則を提示し、『経営正常化案を政府に公式に提出してほしい』と要請した」とし「GM側は3大原則について『合理的(reasonable)』と評価し、早期に公式チャンネルを通じて経営正常化案を提出することにした」と説明した。続いて「GMは『調査を誠実に受ける。できる限り速やかに進行することを望む』という意向を明らかにした」と伝えた。産業銀行は3月初めに韓国GMに対する調査に着手する計画だったが、繰り上げられる見通しだ。

アングル社長は13日、韓国GM群山(クンサン)工場閉鎖発表をし、「重大決定をする2月末までに資金支援に関する意味のある進展を期待する」と述べた。このため2月末までに資金支援が決定しなければ韓国市場撤収を宣言するという見方が出てきた。しかし政府は韓国GMの不透明な会計問題などを取り上げ、調査完了後に資金支援をするかどうか議論できるという立場を堅持してきた。


調査に対する合意はGMの「速度戦」に対する政府の「持久戦」式対応戦略がひとまず成功したという意味と解釈される。双方が調査を迅速に進めることに合意したのは、GMの新車配分日程が考慮されたと見ることができる。 アングル社長は20日、国会を訪問し、「韓国政府が資金支援をすれば2車種の新車を韓国に配分することも可能」と述べた。GMのグローバル新車配分は3月に行われる。双方は新車配分決定前に調査を終えるという方向で意見をまとめたとみられる。調査は普通1-2カ月ほどかかるが、速度を上げれば3月中に終わる可能性もある。

韓国GMの関係者は「アングル社長は訪韓前、米国本社で『韓国GM支援案を用意してほしい』というメアリー・バーラGM会長の指示を受けたと聞いている」とし「韓国政府から何も約束されなければ厳しい状況に直面する可能性もあった」と話した。GM側の状況が調査合意の背景として作用したと考えられる。 調査合意は交渉の最初のボタンにすぎない。重要なのは調査後の政府支援の有無、規模、形態だ。鄭有燮(チョン・ユソプ)自由韓国党議員は「GM側が先月、政府と産業銀行に韓国GMに対する貸出金27億ドルの債務株式化と今後10年間の28億ドル新規投資の条件として4つの要求をした」と明らかにした。
http://japanese.joins.com/

ゼネラル・モーターズ(GM)の韓国GM群山工場閉鎖発表に対応し、韓国政府は“実態調査カード”を切った。 GMが「王手」をかけると政府もひとまず「逆王手」をかけた事になる。企画財政部・産業通商資源部・金融委員会・KDB産業銀行は、この日緊急会議を招集した後、実態調査カードを切った。 公的資金投入の決定に先立ち、不健全化の責任所在を明らかにして苦痛分担比率を決めるという意味だ。表現は慎重だったが、結局、資金を受けたいなら実態調査から受けろということになる。

実際、業界では韓国GMの不良の相当部分が不透明な経営が原因だったという指摘がある。GMが部品など原材料を韓国GMに高く売りつけていたのではないかという疑いがのほかにも、研究開発(R&D)費用を水増し処理したという疑惑もある。韓国GMが今まで本社から2兆4000億ウォン(約2400億円)を借入れて、年4.7~5.3%の高金利を課していたことに対しても「高利貸し」という批判が出ている。今後の調査でどうなるのか、GM側も慎重にならざる負えない部分があるようだ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月23日 11:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp