韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  奈良公園の鹿はなぜ「中国人にばかり噛み付くのか」

奈良公園の鹿はなぜ「中国人にばかり噛み付くのか」

奈良公園には多くの鹿(ニホンジカ)が生息している。これらの鹿は春日大社の神使とされており、奈良公園側によれば、公園内および公園付近にいる鹿は野生動物であり、飼育されているわけではない。

奈良公園は関西の観光地の1つであり、中国人旅行客も数多く訪れているが、鹿に噛まれるといった被害を受ける外国人のうち、大半が中国人なのだという。中国メディアの今日頭条はこのほど、なぜ奈良公園の鹿は中国人ばかり噛み付くのかと疑問を投げかけ、そこには明確な理由があるはずだと伝えている。

奈良公園には修学旅行生から一般の観光客まで、日本人も数多く訪れるほか、中国人以外の外国人旅行客だってもちろん多く訪れるわけだが、なぜ中国人ばかりが鹿に噛まれるのだろうか。記事は、「日本国内では奈良公園の鹿に噛まれる被害がたびたび報じられている」と伝えたうえで、その被害者の大半が中国人だと紹介した。

続けて、中国人に限ったことではないが、鹿に噛まれる人の多くは鹿と写真を撮りたいがために、鹿をエサで誘導しつつも、なかなかエサをあげようとせず、それに鹿がイライラしてしまい、最終的に噛み付くという見方があることを紹介した。確かに奈良公園の公式サイトには「エサはすぐに与えてください。焦らすと怒ります」と書かれている。


2018-02-25-k001.jpg

旅行で日本を訪れている以上、日本ならではの写真を撮りたいという気持ちは良くわかるが、良い写真を撮りたいがために鹿を焦らし、最終的に噛まれてしまっては元も子もないだろう。記事は「中国人旅行客は海外では自らを厳しく律し、自分の身を自分で守ると同時に中国の名声に傷がつかないよう慎重に行動すべきだ」と伝えている。
http://news.searchina.net/

鹿に噛まれる人の多くは鹿と写真を撮りたいがために、鹿をエサで誘導しつつも、なかなかエサをあげようとせず、それに鹿がイライラしてしまい、最終的に噛み付くという見方があることを紹介しているわけで、民族性というのか、良い写真を撮りたいがために鹿を焦らしている様では、自業自得だが…。 奈良公園が発表したデータで、(17年4月から18年1月末まで)に同公園でシカにかまれるトラブルが164件発生しており、昨年度(16年4月から17年3月まで)の総件数よりすでに46件多く、過去最多を更新したとの事。負傷者の79%は外国人で、外国人のうち83%が中国人だと説明している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月25日 08:48 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp