韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  XiaomiとMicrosoftがクラウド、デバイス、AIで協力〜互いの強み活かす

XiaomiとMicrosoftがクラウド、デバイス、AIで協力〜互いの強み活かす

XiaomiとMicrosoftは互いの強みを活かし合う上でベストマッチのようです。Microsoftはクラウドコンピューティングと人工知能(AI)において先駆けており、モバイル・スマートデバイス、サービス先駆者のXiaomiが国際的な拡大を目指す助けになれる、とMicrosoft公式ニュースは発表しました。

「Xiaomiは中国で最も革新的な企業の一つであり、世界中の様々な市場で人気が高まっている。Microsoftの持つAI研究のユニークな強みと経験、そしてAzureのような製品があれば、Xiaomiはより進んだ先端技術を世界中の人々のため開発できるだろう」と、MicrosoftのAI研究グループのヴァイス・プレジデント、ハリー・シャム博士は語っています。

「Microsoftはすばらしいパートナーであり、今回の戦略的了解覚書で両社の関係が深まることをうれしく思う。Xiaomiの使命は世界中の人々にイノベーションを届けることであり、Microsoftと複数の技術分野で協力することでXiaomiの製品・サービスを届けるペースが早まるだろう。それと同時に、MicrosoftもXiaomi製品を通して世界中のユーザーへとアクセスすることができる」と、Xiaomiのグローバルシニア・ヴィアス・プレジデント兼国際ビジネス部門ディレクターのワン・シャン氏はコメントしています。

Xiaomiは国際市場でユーザーベースを拡げている最中であり、XiaomiとMicrosoftは、MicrosoftのクラウドプラットフォームAzureをXiaomiデバイスユーザーのストレージ、帯域幅、クラウドコンピューティング、その他のクラウドサービスのため活用することを模索しています。


2018-02-25-k005.jpg

XiaomiとMicrosoftは、Microsoftの持つ、コンピュータビジョン、スピーチ、自然言語処理、テキスト入力、会話式AI、ナレッジグラフ、検索などのAI技術と、Bing、Edge、Cortana、Xiaolce、SwiftKey、Translator、Pix、Cognitive Services、SkypeなどのAI関連サービス、Xiaomiのスマートハードウェア、ビッグデータ、デバイスエコシステムとXiaomiのAI技術・製品を掛け合わせ、Xiaomiデバイスのソフトウェアとハードウェアの間のより高いシナジーを作り出し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目指しています。
https://iphone-mania.jp/

フィンランドNokiaと中国Xiaomi(小米科技)は昨年7月5日(現地時間)、業務提携および相互の標準必須特許のクロスライセンスを含む複数年の特許ライセンス契約を締結したと発表した。Xiaomiはまた、Nokiaの特許の一部を買収している。業務提携の下、NokiaはXiaomiにデータセンター向けのネットワークインフラを提供する。さらに、IoT、AR、VR、AIといった分野での機会を協力して模索していくとしている。Nokiaは2013年に米Microsoftに携帯端末事業を売却した後、ネットワークインフラ、先進技術、地図サービス事業を3本柱としていたが、2015年に地図サービス事業も売却した。現在は、ネットワーク、健康事業、VR、携帯電話に従事している。Xiaomiは次第に充実を図っている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月25日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp