韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「スーパーカメラフォン」ギャラクシーS9…「ライバル不在で販売20%増も」

「スーパーカメラフォン」ギャラクシーS9…「ライバル不在で販売20%増も」

「アップグレードしたカメラを見慣れた本体で包装した。今年の人気フォンになるだろう」(The Verge)
「表面は見慣れたものだが、皮を剥げば新しい中身がある。多くの変化はカメラにある」(Engadget)
カメラ機能を強調したサムスン電子の新スマートフォン「ギャラクシーS9」が公開されると、海外メディアは26日、さまざまな評価を出した。カメラ機能は好評一色だったが、デザインでは変化がないという指摘が多かった。独特な拡張現実(AR)キャラクターとスローモーション動画については評価が分かれた。来年10モデル目のギャラクシースマートフォンを出すサムスンに、もう一度「サプライズ革新」を見せなければいけないという課題が残った。

ギャラクシーS9が最大の武器として前に出したカメラは「さらに進歩した」という評価が多い。サムスン電子は過去10年間、スマートフォンのカメラに多くの投資をしてきたが、これが実を結んでいるということだ。 ウォールストリートジャーナルは「S9はデザインではなくカメラに大きな変化を与えた」とし「大きなスクリーンと圧倒的なカメラ性能が印象的」と伝えた。アンドロイドヘッドラインは「S9のカメラは歴代最高」とし「特に『Bixby Vision』(被写体にカメラを向ければ関連情報が浮かぶ機能)は、旅行が多く情報を速かに収集する必要がある事業家には理想的」と評価した。 フォンアレナは「最も優れた機能の一つは『スーパースローモーション』(0.2秒の瞬間を6秒かけて再生する動画)が可能なカメラ」とし「(似た機能を先に出した)ソニーカメラで速い動きをとらえられずに感じた挫折感をかなりなくした」と説明した。シーネットドットコムも「S8の最も大きな短所と見なされた指紋認識センサーをカメラレンズの下に移し、2つのF値(F1.5/F2.4)を選択できる機能を追加した」とカメラに高い点数を与えた。


2018-02-27-k003.jpg

自撮りで3次元(3D)キャラクターを生成して顔文字と動画に活用できる「AR Emoji」は評価が分かれた。「アップルの『アニ文字』よりおもしろい」(Engadget)という好評もあるが、「奇異だ(creepy)」という反応もあった。アンドロイドセントラルは「機能でアップルを超えたが、アニ文字と同じように1週間経てばみんな使わなくなるかもしれない」と伝えた。 デザインの面では変化が非常に少ないという指摘が多かった。「世界で最も美しいフォン」という賛辞を受けたS8とは異なる反応だ。カメラを好評したThe Vergeは「外観に驚く変化は見られない」とし、USAトゥデイも「前作から大きな変化はない」と指摘した。クアルコムSnapdragon845などの最新仕様、暗い場所での撮影機能などが向上した点は長所に選んだ。
http://japanese.joins.com/

技術横並びのスマホの世界では、そう爆発的に売れるわけではない。中国企業も多数あるわけで、iPhoneⅩですら予想した数値まで届かなかったのではないか…。利益率の高さで踏ん張ったアップルスマホである。ましてLG電子のスマホは売れない。中国ではサムスンも蚊帳の外である。高級スマホをどこで販売するのか…。低価格スマホと違って、販売する国は限られてくる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月27日 16:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
デジカメ復活?
インスタ栄えを狙ってカメラ性能を上昇させようとも所詮スマホ。
最近のブームは本格デジカメでインスタ栄えする画像を取る事。
高級スマホは今後存在価値が低くなる。
[ 2018/02/28 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp