韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国ダイソーが「日本企業」疑惑を否定も、ネットからは疑問の声

韓国ダイソーが「日本企業」疑惑を否定も、ネットからは疑問の声

2018年2月26日、韓国・イーデイリーは、日本のダイソーと名前が同じであるため日本企業ではないかと指摘されている牙城(アソン)ダイソー(韓国ダイソー)が、3・1節(韓国の祝日である抗日独立運動記念日)を前に釈明に乗り出したと伝えた。

記事によると、韓国ダイソーの関係者は同日、「親会社の『韓日マンパワー』が日本のダイソーに排他的な物品供給をしていた2001年、日本のダイソーから34%の株式投資を受けたが、残りの株式は朴正夫(パク・ジョンブ)会長を含めて全て韓国の株式であり、100%独資となっている」と語った。さらに「ブランドは共同で使っているが、ロイヤリティは支払っておらず、ビジネスにおける意思決定(BI)が別のため、ビジネスの初期からすべての商標権は牙城ダイソーの名義で出願、登録されている」と述べた。 また、同関係者は「日本のダイソーと業務提携関係を結び、『ASCOEVEN PLAZA』の代わりにダイソーのブランドを共同で使用し始めたことが、一般の人たちに誤解をもたらした原因とみられる」とし、「厳密に言えば、外国人投資促進法による外国人投資企業であり、海外本社が意思決定をして経営に指示を出す外資系企業とは違う」と強調した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「でも34%の株式を日本側が持っているんだろう?」「3分の1以上の割合で日本企業」「四の五の言っても、株式の割合を見たら日本企業と言っても間違いではない」「結局は日本からビジネスモデルを輸入したに過ぎない。コンビニも同じだ」「そんなに韓国企業と言いたいのであれば名前を変えて」など、韓国ダイソーの主張に疑問を示す声が数多く寄せられている。
http://www.recordchina.co.jp/





2017年6月14日、韓国・中央日報は、日本の100円ショップ「ダイソー」の韓国の店舗でアルバイトをしている人が、自身のツイッターに投稿した「愛犬用猟奇鶏玩具(びっくりチキン)」というこの商品、ペット犬が遊ぶためのおもちゃで、胴体部分を押すと実際の鶏の鳴き声に似た音が出る仕組みになっている。この投稿は2万件以上リツイートされ、さまざまなインターネットコミュニティーに拡散して話題を集めているというが、記事に寄せられたコメントを見ると、ユーザーらの関心は商品とは別のところに集中した。

多くの人が「え、ダイソーって日本企業だったの?」「製品は中国製で、企業は日本製か」「ダイソーを日本企業じゃないと言っているのは韓国人くらいだよ」など、ダイソーの「国籍」論争を闘わせている。実は、韓国にも店舗展開するダイソーは、韓国では「韓国企業」との認識が広まっているのだ。一説には、店名が韓国語の「ターイッソ(全部ある)」と発音が似ていることが「誤解」の原因とも言われている。そのためか、同記事には「韓国企業はどうして日本に進出できないのかな?」「韓国の流通構造を改革するにはダイソーで答えを探すといい。一日も早く改善してほしい」など、韓国政府や韓国企業に対するコメントも寄せられた。

株式会社大創産業は、100円ショップのザ・ダイソーを運営する企業である。2015年現在、国内に約2,900店舗・日本国外の26の国・地域に1400店舗を展開している。HP上では、韓国では1205店舗運営している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月28日 08:43 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
何処に行ったダサソー?
韓国ダイソーなんてダイソーグループを彷彿させる名前を付けている以上批判されて当然。
そんな事しなくても韓国には誇り高きダサソーと言う企業が有ったではないか?
何処に行ったのか?
[ 2018/02/28 15:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp