韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トップ空席の中で株主総会…日本ロッテは辛東彬会長を支持

トップ空席の中で株主総会…日本ロッテは辛東彬会長を支持

辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)会長が拘束されている中で行われたロッテグループ初の株主総会が順調に終わり、1つ目の峠を越した。 ロッテ持株は27日、臨時株主総会を開き、ロッテGRS・韓国富士フイルム・ロッテロジスティックス・ロッテ商事・テホン企画・ロッテアイティテックなど非上場社6社の分割・合併案を通過させたと、この日明らかにした。系列会社6社の投資部門を分割してロッテ持株が統合するかたちだ。この日の株主総会は議決権のある株式5811万5783株のうち、3900万9587株が参加し、このうち3395万358株(87.03%)が案件に賛成した。株主本人と委任状代理出席を合わせて711人が出席した。

関心を集めた日本ロッテは委任状を通じて賛成意思を表明したとロッテ側は明らかにした。事実上、辛会長を支持したといえる。日本ロッテのロッテ持株に対する持株比率は3.6%だ。一部の少額株主は代理出席株主を明らかにするよう異議を唱えてしばらく混乱もあったが、ロッテ側法律代理人は「法的に問題になるような部分ではない」と答えてそのまま進んだ。 2014年6月までで循環出資が75万件余りに達していたロッテは、その後、支配構造の改善を図ってきた。昨年10月、ロッテ持株の発足後、循環出資を13件に減らし、昨年11月には2件の系列会社の株式売却で11件まで減らした。

スポンサードリンク
この日の臨時株主総会で通過した分割・合併決定に続き、4月1日に予定されている合併期日が過ぎれば、グループ内の循環・相互出資は完全に解消される。 これに伴い、流通・食品・金融部門が編入されたロッテ株主の系列会社は42社から53社に増える。合併した6社の系列会社と該当系列会社の孫会社3社が含まれた数字だ。ロッテグループ系列会社92社のうち、半分以上がロッテ持株に属することになる。
http://japanese.joins.com/

韓国ロッテグループ27日の臨時株主総会で、ロッテ商事などグループ6社を持ち株会社(HD)の傘下に収める会社提案が承認されたと発表した。ロッテによると、27日の株主承認を得て、グループ会社が株主を互いに持ち合う韓国特有の「循環出資」は4月1日以降無くなる。ただグループでは中核会社のホテルロッテやロッテケミカルがHDの傘下に入っておらず、今後は中核会社の扱いが課題になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月28日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp