韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  政府のPM2.5対策…老朽した石炭発電所5基、4カ月間稼動中断

政府のPM2.5対策…老朽した石炭発電所5基、4カ月間稼動中断

政府が春の 粒子状物質(PM2.5)の低減に向け、3~6月の4カ月間、高級下石炭火力発電所5基の稼動を中断することにした。また、PM2.5の排出が多い事業所などを対象に、4月まで集中的な取り締まりに乗り出す。

政府は28日、政府ソウル庁舎で李洛淵(イ・ナクヨン)首相主宰で国政懸案点検調整会議を開き、このような内容を骨子とした「春のPM2.5見通しおよび対策」を審議・確定した。政府は昨年、PM2.5の削減措置として、老朽した石炭火力発電所5基を6月の1カ月間に限り、稼動を中断したが、今年は中断期間を3~6月まで伸ばした。PM2.5を多く排出する3大核心現場である違法燃料使用の事業場や建設工事現場、違法焼却現場を、4月まで集中的に取り締まると共に、PM2.5を多く排出する貨物車やバス、塾の車両を対象に、特別取締りを行う予定だ。車種別の排出許容基準を超過した事実が摘発されたにもかかわらず、これを10日以内に改善しなければ、運行停止処分を受けたり、罰金が賦課される。また、飛散粉塵(工事現場などで通気孔を経ず、大気中に直接排出されるほこり)の汚染度が高い道路には、清掃車両を集中的に運営することにした。

政府は、子どもと学生などPM2.5「敏感階層」の保護に向け、PM2.5の環境基準を3月まで米日と同じレベルに強化し、学校教室のPM2.5管理基準も新設する方針だ。この他にも、高濃度のPM2.5を短期間に減らす「非常低減措置」として、ソウル車両2部制に参加する民間企業に交通誘発分担金の減軽▽京幾広域・市内バス内のマスク提供▽仁川(インチョン)埋立地に散水車運営の拡大などの対策を提示した。政府は、平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピック期間(3月9~18日)にも非常低減措置が発令された場合は、公共・民間事業場を短縮運営する方針だ。
http://japan.hani.co.kr/


2018-03-01-k001.jpg

今年一月、韓国の首都ソウルで同日に大規模なスモッグが発生し、視界が悪くなった。ソウルの大部分がスモッグに覆われ、視界が低下した。韓国国立環境科学院が同日発表した顆粒物の濃度データによると、ソウルのほかに江原道、忠清道、光州、全羅北道、大邱、慶尚北道で深刻な汚染状態となっていた。ソウル市ではスモッグ警報が出され、公共機関の車両使用が制限されるとともに、通退勤時間の公共交通の無料化措置が取られた。

韓国ではしばしばスモッグの原因が中国に押し付けられている。責任をなすりつけるやり方ではスモッグは解決できない。中国のスモッグ状況が好転していることはみんな知っている。しかし、韓国人はなおもスモッグの原因を中国に押し付ける。実は火力発電と車の排気ガスが原因。中国の大気汚染対策は着実に効果をあげてはいるが…、韓国は…。。。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月01日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp