韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済に打撃か、中国が半導体を大量生産へ

韓国経済に打撃か、中国が半導体を大量生産へ

2018年2月27日、韓国紙・亜州経済は、中国企業が2018年末から半導体の大量生産を始めようとしており、グローバル市場における韓国企業の立場に深刻な影響が生じるのではないかとの懸念が深まっていると伝えた。

記事によると、半導体にはリード・オンリー・メモリ(ROM)とランダム・アクセス・メモリ(RAM)があり、ROMは半導体市場の4分の3を占める。ROMの分野に限れば中国の技術はすでに韓国を上回っているという。

半導体市場調査会社・米IC Insightsが25日に発表した統計では、09年の時点ではファブレス半導体企業トップ50社のうち中国は1社だけだったが、16年になると11社にまで増え、シェアも10%を突破。一方、韓国は1社のみで、シェアも1%にとどまっている。

中国のファブレス半導体企業は、近年のモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、自動運転車などの急成長を背景に業績を大きく伸ばし、韓国のサムスン電子と並ぶ総合半導体メーカーに成長。その影響力を拡大させている。

記事は「中国が『自給自足』するようになって自国のシェアを高めれば、韓国の半導体輸出にも影響が生じることになる。そうした中、中国の半導体企業は年内にも3カ所の工場を完成させ、大量生産をスタートさせる」と伝えた。

スポンサードリンク
また、米モルガン・スタンレーは、中国の半導体企業が増産すれば18年のNAND型フラッシュメモリとダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)は大幅に値下がりすると予測している。 中国政府は半導体分野への投資や海外での企業合併・買収(M&A)に積極的で、そうした事情も半導体分野における中国の競争力を高める要因になっていると記事は伝えている。
http://www.recordchina.co.jp/

大基金は、第1段階である2017年9月時点で、総額1387.2億人民元(2兆円超)を調達し、これを55のプロジェクトへ投資することになっていたと同レポートは報告している。投資決定額は総額1003億元で、実際の投資額は653億元だったという、そのうちIC製造が最も多く、全体の65%を占めている。次いでIC設計が17%、パッケージング・検査が10%と続くが、中国国内の半導体振興計画は遅れがちで、調達資金の半分も使われていない結果となっている。これは、国外の企業、とりわけトランプ政権下の米国企業からの技術獲得が困難なため、台湾を中心に国外の技術者を一本釣りでリクルートしているのでなおさらである。

現在、大基金は第2段階として、その調達額は1500~2000億人民元(約2.5兆円~3.5兆円)に達すると推定されているが、投資先選定のプロジェクトもこれから調整が進められる見通しだ。この第2段階では、IC設計支援の割合が全体20%〜25%に増加するとTrendForceは予測しており、投資プロジェクトも潜在力のあるスタートアップ企業に拡大される予定だ。中国の中央政府は、地方の半導体産業育成も主導する立場にあり、地方政府とともに開発を推進している。 こうした取り組みの結果、2017年6月までに、地方半導体産業の投資資金額は5145億人民元(9兆円)に達しており、中央政府の戦略に呼応する形で、現地当局が半導体産業のため資金調達、研究開発、投資、技術革新と人材育成をカバーするための政策を積極的に打ち出していることが見て取れる。このため、複数の都市が今後の数年のうちに、顕著な成長を示し、それが中国全体の半導体産業の構造変化をもたらす可能性があるともTrendForceでは指摘する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月01日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp