韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国GM昨年9000億ウォン赤字…4年間の損失は合計3兆ウォン肉迫

韓国GM昨年9000億ウォン赤字…4年間の損失は合計3兆ウォン肉迫

昨年韓国GMが9000億ウォン(約883億円)に及ぶ赤字を出した反面、米国GM本社は約119億ドルの税前利益をおさめた。 1日、韓国政府とKDB産業銀行によればGM側は韓国政府に支援を要請しながらこのような内容を含む昨年実績推定値を提示した。非上場企業である韓国GMは通常4月中に監査報告書で確定実績を公表する。

韓国GMは2014年3534億ウォン、2015年9868億ウォン、2016年6315億ウォンの純損失を記録した。昨年9000億ウォンの純損失を合わせれば4年間総純損失規模が3兆ウォンに肉迫する。このように損失規模が大きくなり、韓国GMは昨年7-9月期基準として資本蚕食状態となった。負債比率は2014年末435%から2015年1062%、2016年末は8万4980%に急増した。昨年営業損失推定値は8000億ウォンと推算される。2014年に1486億ウォンの営業損失を出した後、2015年5944億ウォン、2016年5312億ウォンの営業損失を記録した。

韓国政府と産業銀行は韓国GMが不健全化した主要な原因としてGM本社のグローバル戦略修正を挙げている。GMは現在、中国と北米中心に市場を再編中だ。特に2013年にシボレーブランドを欧州市場から撤収させ、韓国GMに打撃を与えた。韓国GMの対欧州輸出物量は2012年には13万7750台に達したが、昨年は205台に急減した。

スポンサードリンク
一方、GM本社は2年連続100億ドルを越える税前利益を記録した。GM本社が先月発表した実績資料によればGM本社は2016年120億1000万ドル、昨年は118億6000万ドルの税前利益を上げた。GM本社は先月6日(現地時間)、報道資料を通じて「全面的変化が2017年のGMに記録的な成果をもたらした」とし、「収益性が良い部門に資源を集中するためにオペルやGMファイナンシャル欧州法人を売却し、南・東アフリカおよびインド市場を離れた(exited)」と明らかにした。
http://japanese.joins.com/

GMはまた、赤字に陥っている韓国事業のリストラ費用を反映し、8億5000万ドルの減損処理を行うと発表した。これには従業員関連費用の現金3億7500万ドルが含まれる。大半は第2・四半期末までに計上する。群山市のコンパクトカー組立工場は従業員数約2000人で、2017年の生産台数は3万3982台と、生産能力の約2割にとどまっていた。他3工場の昨年の生産台数は48万5403台。GMは2015年以来、世界各地で不採算事業から撤退しており、韓国事業の縮小はその一環となる。

韓国GMが群山工場閉鎖を決めたのは、根本的にゼネラルモーターズ(GM)が他国で運営する工場に比べて生産性が低いからだ。 一方で、韓国GMの危機は、新車不振と製品ラインナップ不足を招いた経営陣の失策に、米GM本社への過度な収益移転の構造が複合的に作用したことが主因との指摘が出ている。韓国GMの実績がこのように不振なのは、まず輸出と内需の両方で車が売れないところが大きい。労働組合は、韓国GMの赤字が高い人件費や低い生産性のためではなく韓国GMがGM本社に支給する過度な費用のためだとの指摘もある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月02日 09:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp