韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  「日本で花見」の中国人が激増、旅行サイトの予約は前年比6割増に

「日本で花見」の中国人が激増、旅行サイトの予約は前年比6割増に

2018年3月1日、澎湃新聞は、今年の花見シーズンに日本旅行を予約している中国人観光客の数が昨年より6割多くなっていると伝えた。

オンライン旅行予約サイトのデータによると、訪日花見ツアーの申し込み人数が昨年の同じ時期と比べて60%増えているという。東京、京都、大阪、福岡、名古屋が人気の高い目的地になっており、6日間のツアーが人気を集めているそうだ。なお、航空運賃の上昇に伴い、昨年よりもツアー代金は6%ほど高くなっているという。

同サイトの国外旅行担当者である応剣峰(イン・ジエンフォン)氏は「今年の訪日花見ツアーのピークは3月20日から5月初めまで続く見込み。一部のツアーではすでに満員近くになっており、お目当てのコースがあれば、1カ月前から予約することをお勧めする」と語っている。

記事はまた、日本で花見をする観光客が増える一方で、今年は中国国内の花見スポットも人気を集めていると紹介。同サイトの国内花見旅行予約数が昨年よりも4割近く増えており、著名なスポットがある上海、武漢、無錫、昆明、北京といった都市に人気が集まっているようだ。
http://www.recordchina.co.jp/


2018-03-03-k001.jpg

中国人にとって、日本のイメージといえば、第一に桜、そして富士山、続いて温泉、ラーメンの順番だそうで、桜の木の下でお酒を飲みたいとは思わないけれど、桜をバックにたくさん写真を撮って、友だちに自慢したい人は多く、桜に強い思いを抱く中国人は多い。日本への渡航経験のあるなしにかかわらず、中国で日本関係の印刷物などでよくイメージ写真に使われているのは、やはり桜と富士山が定番中の定番だ。訪日中国人が史上最大の500万人といっても、「まだ定番の日本を体験していない=だから体験してみたい」と思っている中国人は非常に多いという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月03日 08:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
観光地を汚されるのに... 何で常識の無い中国人や朝鮮人を日本に呼ぶの?
[ 2018/03/03 11:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp