韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  独立運動記念日にソウルでデモ、「親日清算」vs「反日感情捨てよ」

独立運動記念日にソウルでデモ、「親日清算」vs「反日感情捨てよ」

独立運動記念日(三・一節、日本による植民地支配からの独立運動を記念する日)99周年を迎えた1日、ソウル市内では多数のデモや集会が行われ、「親日派を清算しよう」との声と「もう反日感情は捨てよう」との主張が交錯した。 親日派清算を支持する青年・学生団体は1日、ソウル市内の駐韓日本大使館前に設置された旧日本軍慰安婦を象徴する少女像の前で集会を開き「日本からの独立を叫んでから1世紀が過ぎようとしているのに、いまだに十分な謝罪と賠償を受けていない」として「慰安婦被害者の女性たちは依然として植民地・韓国で生きている。われわれが中途半端な独立国家にいるのではないかと問わずにはいられない」と主張した。

同団体は「親日清算が不十分だと、この国は間違いなくご都合主義者の国になるだろう。きちんと親日清算を実施しなければ独立運動記念日の100周年を迎えることはできない」と訴えた。 同団体はまた、デモ行進をして日本の心からの謝罪を求めるとともに韓日請求権協定の全面無効などを主張した。 一方、保守右翼系の各団体は「反日感情一色の独立運動記念日の精神から脱し、韓米日の三角同盟を堅固にすべき」と主張した。 あるキリスト教系団体のメンバー数百人はソウル市中心部で集会を開き、太極旗(韓国国旗)と星条旗(米国国旗)を手に「韓米同盟を破棄して韓中同盟に傾倒しようとする文在寅政権のいかなる試みに対しても反対する」として「韓国の共産化を阻止しなければならない」と訴えた。


2018-03-03-k002.jpg

また、別の保守系団体もソウル市内で記者会見を開き「もう反日感情から脱して未来志向的に国家の未来を考えるべき」と主張し、韓米同盟と韓米日の三角同盟の重要性を強調した。
http://www.chosunonline.com/

高宗の急死後、国葬が行われる3月3日に向けて独立運動が計画されるようになった。中心となったのは天道教やキリスト教、そして仏教の指導者たちである。彼等は会合を重ねて大衆化・一元化・非暴力の三原則を取り決めた。同時に朴泳孝など高官への働きかけや学生に対する参加呼びかけも行ったが、前者への働きかけは成功しなかった。 3月1日午後、京城(現・ソウル)中心部のパゴダ公園(現・タプコル公園)に宗教指導者らが集い、「独立宣言」を読み上げることを計画した。実際には仁寺洞の泰和館(テファグァン)に変更され、そこで宣言を朗読し万歳三唱をした[2]。参加者は、以下の33名であり、しばしば民族代表33人といわれる。 詳細はこちら

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月03日 08:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
前に進めず、後へ引けず
文在寅大統領は存立が弱体化しているようで、
彼がとれるプロパガンダは「反日」しかないと見える。
本心では「反米」を一番に叫びたいだろうが、
あまりにも利害が錯綜するから「反米」はとれない。
すでに米国は韓国締め上げが始まっている。
「統一」目標、これも使えない。韓国民は統一すれば
どうなるか、だんだん気付いてきている。
[ 2018/03/03 10:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp