韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国完成車メーカーの2月販売 前年比で軒並み減少

韓国完成車メーカーの2月販売 前年比で軒並み減少

現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社の2月の世界販売台数が前年同月比で軒並み減少したことが2日、分かった。

現代の販売台数は31万148台で前年同月比8.1%減、起亜は19万5962台で同9.1%減、韓国GMは3万6725台で同19%減、ルノーサムスンは1万5994台で同22.3%減、双竜は9090台で同16%減となった。

現代と起亜を除き、輸出よりも国内販売での減少幅が大きかったが、特に群山工場(全羅北道群山市)の閉鎖が決まった韓国GMの国内販売は前年同月比48.3%減少した。ルノーサムスンの国内販売も同33%減少した。

ただ韓国GMの2月の海外販売は前年同月比9.4%減にとどまり、現代の8.6%減、起亜の9.9%減と近い水準だった。

南西部にある群山工場の閉鎖発表などで韓国内での販売は低迷したものの、海外販売は大きい打撃を受けなかったと受け止められる。ルノーサムスンは同15.4%減、双竜は同25.5%減と、韓国GMより海外販売の減少幅が大きかった。


2018-03-03-k003.jpg

業界関係者は「2月の操業日数が19日で前年より5日減った影響」と説明したが、操業日数の減少を踏まえても減少幅が大きかったとの見方も出ている。業界関係者は「韓国GMの(工場閉鎖)事態で再び確認された『高費用・低生産性』の構造が根本的に改善されなければ、韓国自動車業界の実績が明確に良くなることは当分期待しにくい」とし、昨年から指摘されている韓国自動車業界の危機説を改めて提起した。
http://news.livedoor.com/

現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社の1月の世界販売台数が合計61万3796台となり、前年同月比0.4%増加した。国内販売は同5.9%増となる11万2452台、海外販売は同0.8%減の50万1344台を記録した。 企業ごとの世界販売台数では起亜(20万5126台)が5.2%、ルノーサムスン(2万1847台)が7.9%増加した。一方、現代(33万4217台)は1.4%、韓国GM(4万2401台)は9.5%、双竜(1万205台)は2.1%減少した。 国内販売では現代と起亜の好調が目立った。しかし家計経済は低調であるから自動車ローン販売も限界点を超えている。不動産ローン返済の話は良く報じられるが、自動車販売の問題は報じられたことがない。意外と売れたことにしている現代自の異常な戦略のツケは今年から目に見えて明らかになるのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月03日 08:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp