韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「竹島は2008年に韓国領」 鳩山元首相が“売国”ツイート

「竹島は2008年に韓国領」 鳩山元首相が“売国”ツイート

鳩山由紀夫元首相が自身のツイッターで不可解極まる発信をして、ネットを大炎上させている。日本固有の領土だが、韓国が不法占拠している島根県・竹島について、《米国は2008年に韓国領と決めた》と投稿したのだ。鳩山氏といえば、首相在任時代から、数々の問題発言をしてきた人物だが、一体、どういうつもりなのか。

鳩山氏が2日に書き込んだ投稿は、次の通り。
《日本が受け入れたポツダム宣言により、竹島などの島々の帰属は連合国、事実上米国が決めることになった。米国は2008年に竹島は韓国領と決めた》

1951年調印のサンフランシスコ平和条約では、日本が「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」を放棄すると定めたが、竹島(韓国名・独島)は含まれていない。外務省も、ホームページで戦後の歴史的経緯を説明し、「竹島は我が国の領土」と明記している。 鳩山氏の投稿は、政府見解に明らかに反する。ネット上では、《あきれて開いた口が塞がらない》《ツイッターを売国行為に使わないで》《またデマ情報ですか》《これだから民主党政権は支持されなくなった》などの批判が目立った。

ちなみに、2009年発足の鳩山内閣には、途中交代も含めて、立憲民主党の枝野幸男代表が行政刷新担当相、長妻昭代表代行が厚労相、菅直人最高顧問が副総理や財務相として入閣していた。問題の鳩山氏を直撃すると、米政府機関の地名委員会が08年、データベース上の帰属先を「韓国」から「主権未指定」に変更した後、再び「韓国」に戻した経緯を指していると明かし、こう語った。


「日本は厳しく反論すべきだったが、しなかった。だからといって、『竹島は韓国のもの』と言っているわけではない。こうした歴史的事実を無視せずに対応する必要がある。国際司法裁判所に中立的な判断を示してもらった方がいいだろう」。 ただ、本紙が「竹島は日本固有の領土ではないと考えるのか?」と問うと、仰天発言に及んだ。

「日本は、主権が及ぶ領土を『本州、北海道、四国、九州』としたポツダム宣言を受諾した。日本固有の領土と言えないことは明らかだ」。 あぜんとした。 2月22日の「竹島の日」式典を「韓国からの奪還達成式典にすべきだ」と呼びかけている自民党の和田政宗参院議員は「歴史的経緯も国際法も無視した、とんでもない主張だ」と強く非難した。 外務省に、鳩山氏の見解に対する認識をただしたが、書面で「ホームページに掲載しているとおりです」と回答するだけだった。
http://www.zakzak.co.jp/

3月2日に鳩山由紀夫元首相が「米国は2008年に竹島は韓国領と決めた」などとツイートしていたことに対し、自民党の片山さつき参議院議員が「これはあまりにも、、」と絶句している。 鳩山元首相は3月2日の朝、このように発言している。 鳩山「竹島の日を契機に日韓関係がこじれている。私たちは歴史の事実を見る勇気を持つべきだ。日本が受け入れたポツダム宣言により、竹島などの島々の帰属は連合国、事実上米国が決めることになった。米国は2008年に竹島は韓国領と決めた。当時の町村官房長官は文句を言わなかった。この責任は大きい。」

「米国は2008年に竹島は韓国領と決めた」とされていたことからこの発言は反響を呼び、事実関係が議論となっていましたが、3月2日の深夜、片山議員がこのように反応、国会議員からも疑問の声が飛び出した。 片山「これはあまりにも、、。2008年何月何日の如何なる事象を捕まえて仰っているのか、、。」  鳩山元首相は問題の部分について根拠を示していないが、2008年に米国政府の地名委員会が竹島の帰属について「韓国に戻すことを決定した」と報じられていたことを指している可能性がある。

2008年7月31日にAFPはこのように伝えている。
AFP「米政府の地名委員会(Board on Geographic Names、BGN)が竹島(韓国名・独島)の帰属を「一部韓国」から「主権未決定」に変更した問題で、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領は30日、帰属先を「韓国」に戻すことを決定したと明らかにした。(中略)一方で、竹島をめぐる問題は日韓両政府の間で解決されるべきだとも指摘した。」


また鳩山元首相が言及している当時の町村信孝官房長官の対応について、AFPは「米政府の1機関が行うことに、あまり過度に反応する必要はない」「今回のウェブサイト上の記述の変更は、(同問題では中立とする)米国の立場の変更を意味するものとは受け止めていない」というコメントを紹介している。 鳩山元首相は2017年5月には文在寅政権成立と慰安婦問題における日韓合意について「上から目線の解決は必ず破綻する」「日本は迷惑をかけた側であることを忘れてはならない」などと語っており、2018年1月にも「過ちを犯した側は相手が許すまで謝罪の気持ちを持つべきだ」と述べ話題になっていた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月05日 08:54 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp