韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  特使派遣で米朝対話の「仲介」を試みる韓国に米政界から不満の声

特使派遣で米朝対話の「仲介」を試みる韓国に米政界から不満の声

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、5日に北朝鮮に特使団を派遣することを決めたが、特使団派遣を通じて米朝対話の「仲介」を試みる文大統領の構想に対し、米国内で懸念や疑問の声が上がっている。特に「韓国は(米朝の間で)仲介役を務める」「米国も対話のハードルを下げる必要がある」といった文政権の北朝鮮をめぐる方針について、疑問の声が米国政界の内外で広がっている。

韓米関係に詳しい外交筋は「『韓国政府が仲介役を務めると言う理由が分からない』と話す人間が米国側には少なくない」として「韓国も北朝鮮核問題の直接の当事者なのに、米朝間の交渉の仲介ばかりしている。それは非核化達成には関心がないという意味なのか、分かりにくいという声も出ている」と話した。 韓国政府から米国に対して「対話のハードルを下げよ」というメッセージが発せられていることについても、不満の声が上がっていることが分かった。安全保障関連省庁の元当局者は「『韓米が一丸となって北朝鮮に非核化を求めてもまだ不十分なのに、韓国は米国の対話条件について文句を言っている』と考える雰囲気が米国政府内外で形成され始めている」と話した。これは、今の韓国政府が同盟国の米国よりも北朝鮮に傾倒していることへの不満と解釈できそうだ。

米国政界の雰囲気に詳しい別の外交筋は「米国は『非核化』という対話のハードルを下げるつもりはなく、韓国の仲介による対話よりも北朝鮮との直接対話を望んでいるはずだ」と話した。この外交筋は、マーク・ナッパー駐韓米国大使代理が先月28日の記者懇談会で、北朝鮮に向けて「対話の目標は非核化でなければならず、そのような対話をする意思があるならば米国に直接連絡せよ」と発言したことについて「ホワイトハウスの方向性を正確に把握した上での発言だ」と指摘した。


これに関連し、米議会上院・下院軍事委員会の代表団を率いて来韓したジェームズ・インホフ上院議員(共和党)は3日(現地時間)、米国のラジオ放送「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」の電子メールのインタビューで「(軍事委の訪韓は)北朝鮮の実質的な脅威をしっかり見詰めるよう韓国に促す機会だった」と述べた。インホフ議員は最近、米議会で「韓国は北朝鮮問題で軟化し、北朝鮮の脅威をさほど深刻に感じていないようだ」と発言したという。その発言が事実かどうかを尋ねたVOAに対し、インホフ氏の議員室は「(発言内容は)正確だ」と回答した。つまり、米議会の有力議員が、文政権の北朝鮮をめぐる対応と構想について「ぬる過ぎる」と感じており、来韓した際に韓国政府に対し、北朝鮮の核・ミサイルの脅威を甘く見ないよう促したというわけだ。
http://www.chosunonline.com/

韓国の文在寅大統領が5日に北朝鮮に派遣する特使団は自らに近い閣僚級2人をそろえた。南北の融和路線に軸足を置き、対話継続や米朝対話の仲介をめざす姿勢を鮮明にした。特使派遣を急ぐのは、トランプ米政権が18日の平昌パラリンピック終了後に米韓合同軍事演習を実施する構えを崩していないためだ。北朝鮮は対抗措置をちらつかせており、「五輪休戦」後に朝鮮半島情勢が緊張状態に逆戻りする恐れがある。特使団団長の鄭義溶大統領府国家安保室長は大統領府の外交・安保政策を仕切る。米国通の外交官で米朝対話実現を重視する文氏の意向が透ける。訪朝後に米国を訪れ、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)らと米朝対話に向けた調整に入りたい考えだ。

米朝対話へのハードルは高い。トランプ米大統領と文氏は1日の電話協議で「北朝鮮とのいかなる対話も、完全かつ検証可能な非核化という目標をめざすものでないといけない」との方針を確認した。米ホワイトハウスが発表したもので、文政権が核問題で妥協しないようクギを刺している。 保守系野党第1党、自由韓国党は4日、「北朝鮮は『核保有国』の立場で米国と核軍縮対話をするため韓国を利用している」と警鐘を鳴らし、大統領特使に「金正恩の目を見て非核化を要求すべきだ」と強調した。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月05日 09:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp