韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界スマホ市場の利潤の9割占めるアップル、下半期にも新製品発表か?

世界スマホ市場の利潤の9割占めるアップル、下半期にも新製品発表か?

iPhone Xは発売以降、業界内外で批判にさらされながらも、アップル社の収入の大黒柱となっている。 米金融系調査会社Canaccord Genuityの報告によると、2017年第3四半期末までに、アップルのスマートフォン部門の利潤は世界スマホ市場における利潤の約72%を占め、第4四半期にはその割合はさらに上昇して87%に達した。これほどの驚異的な利潤の高さは、主に高価格のスマホ・iPhone XとiPhone 8がもたらしたということができる。同社のアナリストは、現在のハイエンドスマホ市場ではアップルのシェアが最大であり、その独占的な地位が一層堅固なものになっているとの見方を示した。

アップルは2月2日に2017年第4四半期財務報告を発表。それによると、iPhoneの売り上げは減少したとはいえ、価格が最も高いiPhone Xが依然として圧倒的な売れ行きを維持しており、アップルの継続した成長に寄与している。 Canaccord Genuityのデータによると、世界スマホ市場の利潤シェアの内訳を見ると、アップルは87%を占め、サムスンはその後に続き10%を占め、それに華為、OPPO、小米、vivoという中国のスマホメーカーが続いている。つまり中国のスマホ各社の利潤を合わせても、世界スマホ市場では3%に達しないことを意味している。

だが、業界筋によると、2018年上半期には、アップルのサムスンや華為との競争がさらに激化するとみられている。先ごろ閉幕したモバイル・ワールド・コングレス2018で、サムスンは最新機種Galaxy S9を発表。その定価はiPhone Xよりやや低めに設定されている。また、華為も3月に最新機種P20を発表する見通しで、スマートフォンのハイエンド市場に引き続き食い込もうとしている。一方、アップルは性能劣化問題とリコール問題に直面しているのが現状だ。





業界の関係筋によると、アップルは今年の下半期に、iPhone Xのアップグレード版や史上最大サイズのiPhone、廉価版を含めた3つの新機種を発表するという。だが、アップルはこの情報についてまだ公には認めていない。
http://www.recordchina.co.jp/

アップルのiPhoneは、iOSを採用する唯一のスマートフォンであり、世界シェアはせいぜい10%台前半程度という状況が続いている。Strategy Analyticsによると、2016年第3四半期のOSシェアにおいてアップルは12%だった。それ以外はグーグルが開発するAndroidで占められている。ところが、スマートフォンメーカーでの営業利益においてアップルは91%を占めた。このデータによると、スマートフォンメーカーで収益を上げているのは、アップル、ファーウェイ、ビーボ、オッポで、アップル以外は中国新興メーカーで占められている。販売台数は85%以上を占めているにもかかわらず、利益が出せていないのがAndroid陣営だ。

アップルはiPhoneのラインアップを、100ドル刻みで展開しており、画面サイズ、より大きなストレージ容量に応じて、100ドルずつ追加されていく仕組みだ。ストレージもディスプレイも、前述の原価で100ドル高くなるわけではない。それぞれ20ドル程度のコスト増に留まる。つまり、大きな画面サイズ、大きなストレージのモデルが売れれば売れるほど、iPhoneから得られる利益幅は大きくなっていく。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月06日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp