韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  海上自衛隊はもうこんなに強くなっている! 中国も準備しよう

海上自衛隊はもうこんなに強くなっている! 中国も準備しよう

2018年3月5日、中国メディアの環球網は、「中国も準備をしよう!日本の海上自衛隊はもうこんなにも強くなっている!」と題する記事を掲載した。 記事は、2日の参議院予算委員会で安倍首相が、護衛艦「いずも」の空母化検討について、「拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然だ。危機が生じてからでは泥縄式になってしまう」と述べたことを紹介。小野寺防衛大臣も「護衛艦いずもへのF35B搭載を視野に入れた研究を行っており、さらに無人小型偵察機RQ21とヘリコプター型無人偵察機M8も調査対象にしている」と述べたことを伝えた。

また、記事は「以前、防衛省がヘリ空母でのF35B運用について全面的な検討に入っていたとの報道があった」と紹介。「日本メディアからはたとえ護衛艦であっても、艦載機を搭載したら軍事上は航空母艦となるとの指摘があった。これは攻撃型空母の保有を許さないという一貫した見解と矛盾している」とし、「アジア各国からの強烈な反対を招いている」と指摘した。 さらに、昨年12月26日の会見で、記者から「いずも」を空母に改修し、F35Bを「いずも」で運用することについて質問された小野寺防衛大臣が、「具体的な検討は現在行っていない」と否定するも、さらに問い詰められると「安全保障上、わが国の防衛力のあり方について、不断にさまざまな検討を行っていく」と回答したことに言及。不信感を示した。  

記事はまた、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がこの問題について、「日本側が取ろうとしている措置が日本国憲法第9条に違反する恐れがあるとの報道の指摘に注意を払っている。日本国憲法第9条は戦後日本の平和的発展路線の重要な法的保障および象徴であり、国際社会に対する厳粛な約束でもある。中国側は日本側に対して、専守防衛、平和的発展路線を堅持し、軍事・安保分野で慎重に行動し、地域の国々の相互信頼と平和・安定の増進に資することを行うよう促す」とコメントしたことも伝えている。
http://www.recordchina.co.jp/


2018-03-06-k002.jpg

安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」の空母化検討に関し、「(防衛能力の)拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然だ。危機が生じてからでは泥縄式になってしまう」と強調している。 小野寺五典防衛相は、短距離離陸・垂直着陸が可能な米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35Bなどのいずもでの運用が可能かどうかを調査していることを認めている。

調査は2017年度事業として民間に委託。小野寺氏は「現有艦艇の最大限の潜在力を客観的に把握するために必要な基礎調査だ」と語った。また、F35Bのほかに米軍の無人小型偵察機RQ21とヘリコプター型無人偵察機MQ8も調査対象にしていると説明し、「これらの機体の導入を前提としているわけではない」とも語った。朝日新聞は、事実上の「空母化」を想定したもので、日本政府が憲法上保有を禁じてきた専守防衛の範囲を超えるものとして野党が反発を強めていると報じている。

「いずも」には2基のエレベーターがブリッジの前後にあり、サイズはそれぞれ前部の第1エレベーターが20m×13m、第2エレベーターが15m×14mで、最大積載重量は30tです。一方、F-35Bは全長15.4m、幅は10.67m、最大離陸重量は27.2tで、「いずも」のエレベーターでも機体の昇降は可能となっている。 F-35Bは短距離で離陸と垂直着陸が可能なSTOVL機で、アメリカ海兵隊の強襲揚陸艦に搭載して運用されており、各国の空母にも搭載されると見られる。「いずも」の甲板は「オスプレイ」の着艦に対応するため、エンジンの排熱に耐えられる耐熱素材となっているが、F-35Bを運用するとなると耐熱用の改修は必要になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月06日 08:28 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp