韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国電力、韓国中小企業と日本エネルギー分野の販路を開拓

韓国電力、韓国中小企業と日本エネルギー分野の販路を開拓

先月28日から3月2日まで東京ビッグサイトで開かれた「2018世界スマートエネルギーWeek2018」に参加した中小企業10社が計9388万ドル(約99憶6204万円)の輸出商談実績をあげた。

「世界スマートエネルギーWeek」は毎年開催される世界最大級の新再生・スマートエネルギー専門展示会で、今年33カ国1580社が参加し、海外バイヤーなど6万4000人余りが観覧した。韓国電力は中小企業10社と共同で参加し、エネルギー分野の中小企業が日本市場への輸出販路を開拓できるように乗り出した。

日本は2030年までに再生可能エネルギーの割合を24%まで拡大する計画で、再生可能エネルギーおよびスマートグリッド分野に高い成長が予想される市場だ。韓電はこのような日本市場を攻略するために展示会に出展した韓国中小企業の製品を展示・広報し、海外バイヤーに韓国企業製品を事前案内して輸出商談を行った。

特に、韓国電気産業振興会との協力で中小企業10社が参加する「韓国館」(KOREA Pavilion)を構成し、エネルギー分野の企業間シナジー効果とともに現地バイヤーおよび関連産業関係者たちの大きな関心を集めた。その結果、韓国の中小企業10社が計9388万ドルの輸出商談実績をあげる成果をおさめた。


一方、韓電は今年米国電気電子学会(IEEE)、ドイツ・ハノーバー産業展示会など6つの主要国際電力産業展示会に中小企業とともに参加し、トルコとヨルダンなど7カ国で輸出促進会を開催するなど、優秀なエネルギー機資材を製造する中小企業の輸出販路の開拓を支援する計画だ。
http://japanese.joins.com/

2018-03-07-k003.jpg

株式会社大林組は、技術研究所(東京都清瀬市)においてスマートエネルギーシステムを完成させた。今後は運用を通じて導入効果を実証し、ノウハウを蓄積することで、エネルギーに関するお客様のさまざまなニーズに応えるという。こ 完成したスマートエネルギーシステムは、分散させた大型電源(太陽光発電設備、マイクロコンバインド発電システム、大型蓄電池)をEMS(エネルギーマネジメントシステム)によって制御する。 再生可能エネルギーを最大限利用する事と、ビッグデータなどを用いた電力需給の予測とリアルタイムでの電力需要の把握に基づき、時々刻々と変動する需給バランスを調整するというものだ。

システムの構築に当たっては、SCIM(Smart City Information Modeling)を導入し、EMSとリンクさせることで制御、管理の状況を「見える化」している。ピーク電力の低減によって商用契約電力の削減を図るとともに、各運転モード(ランニングコストの最小化、商用電力量の最小化、CO2排出量の最小化)の効果や、今後導入が高まると予想されるDR(デマンドレスポンス)についても実証を行えるなど、ノウハウを蓄積する環境が整った。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月07日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp