韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン「ギャラクシーS9」 中国で発表=シェア獲得へ市場攻略

サムスン「ギャラクシーS9」 中国で発表=シェア獲得へ市場攻略

韓国・サムスン電子が6日、中国・広州で新たなフラッグシップ(旗艦)スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS9」シリーズの発表会を開催し、中国のプレミアムスマホ市場の攻略に乗り出した。発表会には、中国でのパートナー企業やメディアの関係者ら約2500人が出席した。

同社のITモバイル(IM)部門トップの高東真(コ・ドンジン)社長は基調演説で「サムスンは真の中国現地企業として生まれ変わっている」とし、「中国の消費者と地域経済に新たな価値を提供するために努力し、技術革新に持続的に投資する」と表明した。 サムスン電子は中国で研究、開発、生産、販売、サービスなど全組織を統合した事業システムを構築し、百度(バイドゥ)、アリババ集団、微信(ウィーチャット)などの中国現地企業と協業。昨年11月末には人工知能(AI)の音声アシスタントサービス「Bixby(ビックスビー)」の中国語バージョンを発表した。

中国で苦戦を強いられているサムスン電子が、ギャラクシーS9の発売でシェアを伸ばすことができるか注目される。昨年の中国のスマホ市場では華為技術(ファーウェイ)、OPPO(オッポ)、vivo(ビボ)、小米(シャオミ)の中国メーカーがシェア1~4位を独占した。中国勢のシェアは合わせて66.3%(米調査会社IDC推算)。米アップルは10%前後のシェアで5位に入り、サムスン電子は圏外となった。サムスンの中国でのシェアは1~2%程度とされる。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/


2018-03-07-k005.jpg

韓国・アジア経済によると、サムスン電子は25日、スペイン・バルセロナで開催中の携帯電話関連展示会「モバイル・ワールド・コングレス」で、旗艦スマートフォンの最新モデル「ギャラクシーS9」を発表した。しかし、「未来から来たスマホ」「世界で最も美しいスマホ」などと評価された前作「ギャラクシーS8」公開の時とは違う雰囲気に包まれたという。グーグルはソニーやアップルが先に披露した機能を例に挙げ「革新的でない」と指摘したという。また、米ABCニュースも「ビグスビービジョンはグーグルレンズをまねしたもので、毎秒960フレームを撮影する超高速カメラ(スーパースローモーション)はソニーのスマートフォンと同じ」と伝えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月07日 16:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp