韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  慰安婦問題解決に向け活動する韓国の若者たち、米国では支援が足りず苦戦

慰安婦問題解決に向け活動する韓国の若者たち、米国では支援が足りず苦戦

2018年3月7日、日韓関係にいまだ改善の兆しが見えない中、世界各地で韓国人の若者らによる慰安婦問題解決に向けた活動が行われている。

韓国・ハルラ日報によると、慰安婦問題解決に向け活動する韓国の大学生ら若者中心のネットワーク「済州平和の蝶」は同日、済州大学の学生会館で「蝶の郵便ポスト」の除幕式を行った。設置された同ポストは、元慰安婦女性らに応援の手紙を送るためのもので、ソウルの慰安婦少女像の隣にあるイスがモチーフになっているという。

また、同ポストの後ろには撮影ゾーンが用意され、元慰安婦女性たちの証言内容や慰安婦少女像の写真が印刷されたボードを背景に写真が撮れるようになっている。同ネットワークのメンバーは「生存する(元慰安婦の)おばあさんは30人で、平均年齢はすでに90歳を超えている。蝶の郵便ポストはおばあさんらに手紙を書くことで、おばあさんらにとっての蝶(苦痛を和らげる存在)になろうとの趣旨で設置した」と説明したという。

一方、韓国・聯合ニュースによると、米ニュージャージー州フォートリーでは現地の韓国人高校生らが中心となり、元慰安婦らを追悼するための記念碑の設置計画が進められている。高校生らは16年6月に団体「Youth Council of Fort Lee(YCFL)」を結成し、記念碑の制作や設置などにかかる費用3万5000ドル(約370万円)を目標に募金活動をしてきたそうだ。


しかし、同団体メンバーのホン・ウンジュさんは7日、「募金が目標額に達しなかったため、3月中旬に予定していた追悼碑の除幕式を5月19日ごろに延期する」と明らかにした。7日現在までに集まった募金額は1万8000ドルほどだといい、ホンさんは「追悼碑の制作は始まっている。5月には設置できるよう、在米韓国人らの関心と支援が必要」と訴え、「フォートリーの追悼碑は慰安婦の歴史を学んだ高校生らがそれを地域社会に伝えるために設置する初めてのケースということに大きな意味がある」と説明した。
http://www.recordchina.co.jp/

昨年9月、米国のある州立大学に通う日本人女学生からメールが届いた。「大学に慰安婦像が設置されそうだ」というSOSだ。韓国系と日系の先生の提案だそうだ。ところが最近では、 「米国に慰安婦は関係ない、像も必要ない」「そんな記念碑を建てたら、他の国の被害者の碑も建てなくちゃいけないじゃないか」「慰安婦団体の挺対協は北朝鮮と関係がある」「慰安婦像設置はミサイルを放ち米国人青年を拉致して死に至らしめた北朝鮮を支持することだ」「米政府が仲を取り持った日韓合意を邪魔することだ」 北朝鮮問題も影響して一部の米国人は気づいてきたようだ。 外務省の2018年度予算の柱の1つは「戦略的対外発信」の810億円。この流れに乗って有効に使っていただきたい。日本も反撃のチャンスと言える。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月08日 08:18 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp