韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシーS9を前面に…三星が再び中国市場を「ノック」

ギャラクシーS9を前面に…三星が再び中国市場を「ノック」

昨年第4四半期(10~12月)の中国スマートフォン市場でのシェアが1%台に落ちて苦戦している三星(サムスン)電子が、「ギャラクシーS9」シリーズで再び中国プレミアム市場の扉を叩く。

6日(現地時間)、中国広州でギャラクシーS9シリーズの発売記念イベントを開いた。2010年広州アジア大会の開閉会式が開かれた海心沙競技場で行われたイベントには、中国の協力会社やメディアの関係者2500人余りが出席した。この3年間で行われた三星電子のイベントの中では最大規模と言える。2016年に上海で開催されたギャラクシーS7のイベント会場には600人余りが、昨年、北京で開かれたギャラクシーノート8の会場には900人余りが出席した。

三星電子は、2014年の「ギャラクシーS5」の時からずっと中国内での市場シェアが減少した。電子業界の関係者は、「ギャラクシーS5が市場の期待に及ばなかったせいもあるが、2014年から中国政府がファーウェイや小米など、自国企業に露骨に補助金を支援して育成政策を繰り広げたことによる打撃が大きかった」と説明した。

グローバル市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、昨年第4四半期、三星電子は中国スマートフォン市場で1.7%のシェアを占めるにとどまった。年間販売台数も1090万台で、2016年(2360万台)の半分に低下した。現在、中国市場の半分以上をファーウェイやOPPO、VIVO、小米などの中国企業が占めている。アップルはなんとかプレミアム市場でシェアを維持しているが、以前ほどの「アイフォーンブーム」は続いていない。


三星電子は昨年11月末から、独自の人工知能サービス「ビックスビー(Bixby)」の中国語版を韓国語、英語に次いで三番目に発売した。サービス店も中国全土で3500店舗あまりを運営している。電子業界の関係者は、「ここ数年、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、度が過ぎるという言葉が出るほど、中国政府と消費者向けに求愛作戦を繰り広げてきたが、三星電子もギャラクシーS9の発売を機に、より積極的に出るものと見られる」と話した。
http://japanese.donga.com/

アップルは好調な決算報告を発表し、4~6月期に87億1700万ドル(1ドルは約109.6円)の利益を上げたことを明らかにしている。中国産携帯電話の市場シェアは急速に上昇してはいるが、どうやって利益を上げるかについては、引き続きアップルに学ばなければならない状況だ。米市場調査会社ストラテジー・アナリティクスが発表した報告によると、今年第2四半期(4~6月)の世界のスマートフォン出荷量は前年同期比6%増加して、3億6千万台に達した。そのうちサムスンは7950万台、市場シェアは22.1%で、世界一。アップルは4100万台、市場シェアは11.4%。

市場シェアと鮮明な対照をなすのは、中国産スマートフォンの利益率の相変わらずの低さだ。ストラテジー・アナリティクスが発表した報告書では、世界のスマートフォン市場の今年第1四半期(1~3月)の営業利益は121億1千万ドルで、そのうちアップルだけで83.4%を占めた。一方、中国産スマートフォンの利益シェアは2.5%にも満たなかった。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月08日 08:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp