韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界各国と比較!韓国の宇宙開発はどこまできた?

世界各国と比較!韓国の宇宙開発はどこまできた?

2018年3月8日、韓国・アジア経済はこのほど、100年近く宇宙に挑んできた欧米との差などに言及しつつ、韓国の宇宙開発の現状について報じた。 記事ではまず「航空宇宙研究所が設立された時点を韓国の宇宙産業の始まりであるとすると、韓国が果てしない挑戦の道に入ってから30年余りが過ぎた」と説明している。

その上で現在の状況について、米国の宇宙財団が今年1月に発行した「宇宙報告書2017(The Space Report 2017)」を基に、「2017年1月1日時点で世界各国が運用中の人工衛星は計1458基。米国が594基、中国が192基、ロシアが136基、日本が60基、英国が41基、インドが45基、カナダが32基を運用中で、韓国も9基の人工衛星を稼動している」と紹介している。2016年における国家別宇宙発射体の発射回数は中国が22回と最多で、後には米国21回、ロシア19回、欧州9回、インド7回、日本4回が続いているそうだ。また、2017年の宇宙開発予算は米国が444億4400万ドル(約4兆7040億円)と最も多く、次いで欧州58億2000万ドル(約6160億円)、中国43億1700万ドル(約4570億円)、日本32億3500万ドル(約3420億円)、ロシア16億3000万ドル(約1725億円)となっており、韓国は6億4700万ドル(約680億円)。国家別の国内総生産(GDP)と比べた宇宙開発投資の割合は、米国0.239%、ロシア0.122%、日本0.062%、インド0.049%、韓国0.046%とのこと。

世界の宇宙機関の研究員数については、米国航空宇宙局(NASA)が1万7310人で最も多いという。後にはインド宇宙研究所(ISRO)が1万6902人、欧州宇宙機関(ESA)が2290人、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1529人が続き、韓国は航空宇宙研究院(KARI)に910人が勤務しているそうだ。 これについて、記事は「世界各国と比べると韓国は大部分が最下位に近い成績ということが分かる」としつつも「国内産業で宇宙産業が占める割合は少なくない」と指摘している。


記事は韓国科学技術情報通信部が発行した「2017年宇宙産業実態調査」を基に、「GDPと比較した宇宙産業売上高の割合は、2016年末時点で0.17%の2兆7793億ウォン(約2754億円)、宇宙産業活動金額は3兆5204億ウォン(約3488億円)と毎年大幅に増加している」と説明している。さらに「宇宙産業の輸出額も2010年の584億1500万ウォン(約57億8800万円)から2016年には1兆1465億5700万ウォン(約1136億1233万円)と20倍近くに成長、米国およびカナダ(46.7%)、欧州(22.9%)、アジア(13.4%)など宇宙産業強国に輸出されている」と伝えている。宇宙産業関連人材についても「大学や研究機関、企業の専門人材は2010年の2967人から2016年には8353人に増加、国家研究開発事業費のうち宇宙産業投資費も1.61%に当たる3067億1300万ウォン(約303億8851万円)を占める」とのこと。
http://www.recordchina.co.jp/

韓国・ハンギョレによると、同紙が科学文化関連史料を調査する中で「大韓宇宙航行協会」という組織が1959年に発足していたことが明らかになっている。 大韓宇宙航行協会は、アマチュアの同好会ではなく、学界と国防部(空軍)など関連組織の人物があまねく布陣した韓国初の宇宙開発の専門家集団だった。また、会誌にはロケット発射体の軌跡計算やエンジン推進剤など、数式や専門用語が多く含まれた論文が複数掲載されており、各界各層の著名人が協会発足を祝うメッセージを寄せていた。会誌だけを見ると、韓国は遠からず独自の宇宙船を開発する雰囲気を持っていた。

そのような状況にもかかわらず、宇宙開発が推進されなかったのはロケット発射体がミサイルに転用できる強力な武器システムでもあったためだ。米国は当時、日韓のロケット開発に積極的に介入して関連技術の移転を制御し、開発を抑制する政策を行った。ところが、韓国の科学技術情報通信部が国家宇宙委員会を開催し、今年打ち上げ予定だった試験用月軌道船の開発を2020年に延期した。結局、委員会は差し迫ったスケジュールに合わせ開発を急ぐよりも、開発期間を2年延長し成功の可能性を高めることを提案、科学技術情報通信部はこれを受け入れた。 何時までたっても進まない韓国の宇宙技術である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月09日 10:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp