韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  どうして? 日本旅行に来た中国人観光客が、夜に眠ろうとしない理由

どうして? 日本旅行に来た中国人観光客が、夜に眠ろうとしない理由

中国メディア・東方網は8日、「日本旅行にやってきて、夜に眠りたくないという中国人観光客がいる」とする記事を掲載した。 記事は、「全世界の観光客のなかで、中国人観光客ほど大きな消費層はない。今世界のメディアが注目するのは中国の奥深い文化ではなく、中国人の海外でのショッピングぶりだ。中国人観光客が行く場所には実に大きな利益がもたらされる。言ってしまえば中国人観光客は天下無双の状況なのだ」とした。

そして、「ここ数年、日本旅行が空前のブームになっている。日本は長い歴史のなかで発展させてきた文化や、科学技術によって世界各地の観光客を呼び込んでいるが、そのなかには当然ながら中国人観光客がたくさんいる」と伝えている。 そのうえで、ものすごい購買力を持ち、日本を含む海外で日用品や化粧品、家電製品を大量に買って帰る中国人観光客について「最も気まずく、最も皮肉なことは、外国で買って帰ってきてよく見てみると、商品のパッケージに『メイド・イン・チャイナ』と書いてあることだ」とした。

記事はさらにもう1つ、日本を訪れる中国人観光客の「皮肉な行動」を指摘。「1日の行程が終わった夜、寝ようとしない中国人観光客がいるのだ。それは決して自らの身体や財産の安全を心配しているからではなく、できるだけ早く現地の海鮮市場に行って行列に並び、海産物を手に入れるためだという。実に皮肉な話ではないか」とし、話を聞いた中国のネットユーザーから「日本の物はそんなにいいのか? 中国にはないのか?」といった呆れ交じりのコメントが寄せられたことを紹介している。


「爆買い」ブームもすでに過ぎ去り、中国人観光客の海外旅行は徐々にショッピング一辺倒から脱却しつつある。記事が示したような「皮肉」も、やがて本当の笑い話になることだろう。
http://news.searchina.net/

大阪・道頓堀のランドマークともなっている「かに道楽」は店先にタラバかにの炭焼きを売っている屋台があり、動く巨大なカニの看板の視覚的なインパクトだけでなく、海鮮の匂いも旅行者の食欲をそそる。そして、日本では歩きながらの飲食は行儀が悪いと思う人もいるが、夜市がある中国では買ってすぐに食べるのに慣れている。中国人観光客に大人気の「黒門市場」では海鮮料理だけでなく、神戸牛やフルーツなども手軽に食べることができる。屋台で食べ歩きが楽しめるだけでなく、外にテーブル席を作りふぐ料理が食べれる店もある。中国人観光客の爆買いから、様々なかたちに変化しつつあるようだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月10日 10:19 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp