韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  人手不足の日本、移民政策の変更が必要か?

人手不足の日本、移民政策の変更が必要か?

春は日本の企業が大学を卒業したばかりの新入社員を迎えるシーズンだ。日本の就職市場はここ数十年ぶりの好調さで、今年の大卒者はこの世で最もラッキーな人々だといえる。昨年6月の時点で、卒業予定者の60%以上がすでに企業から内定をもらっていたのだ。中国日報網が伝えた。

今年1月の日本の有効求人倍率は1.59倍で、1974年以降で最高だった。また、2017年12月の失業率は2.8%で、先進国の中で最も低い水準だった。 だが最近の日本は1970年代以降で最も深刻な人手不足の状況にある。財務省の調査では、調査対象企業約1300社のうち、約71%が「人手が足りない」と回答した。 日本郵政株式会社は、「配達員が足りなくて、人件費が上昇する一方だ。3月から宅配便の基本料金を平均12%引き上げる」と話す。

2月中旬、日本政府は公務員の定年を現行の60歳から65歳に段階的に引き上げることを決定した。「公共サービス法案」などといった関連の法改正案を、早ければ19年の国会に提出し、定年を21年度から段階的に延長するという。

日本国民は現在、60〜70歳の間で年金の受給開始年齢を選択できる。65歳以上を選べば、毎月の受給額が増える。日本政府は法律で定められた60歳の定年を延長する企業を支援するとしている。 このような人手不足の状況にある日本だが、外から来た移民は今でもやはり歓迎されない。日本人は人種や文化の同質性を保ちたいという意識が極めて強いからだ。


日本政府は12年、カナダの事例を参考にして、「高度人材ポイント制」を導入し、学歴、言語能力、職歴、その他の資格にそれぞれポイントを設け、ポイントの合計が一定の点数に達した外国籍の人材は最短1年で在留期間が無期限になるという、米国のグリーンカードに似た制度をスタートした。その後、5年間の在留と約1年間の就労が証明できれば外国籍人材に日本国籍を与えるとした。

17年10月現在、日本に合法的に滞在する外国籍労働者はやはり少なく、総人口1億2700万人に対して、わずか128万人にとどまる。日本人は移民を歓迎しないが、日本政府は「外国人技能実習生制度」の受け入れ範囲を拡大した。日本政府は93年に技能実習研修プログラムをスタートし、発展途上国と日本の知識や技術を共有することで、国際社会に貢献することを目指した。農業、漁業、建築業などの産業が実習生を受け入れた。だが中国を含む発展途上国の人々はこうしたきつい仕事をいやがるようになり、きつい仕事を選ぶ日本人もますます少なくなった。
http://www.recordchina.co.jp/

人手不足ばかりが強調されるようだが、人余りも深刻な状況だ。一般事務サービスの有効求人倍率の低さには驚かされるが、なんとなく納得のいく話だ。大手の金融機関は1万人を超える規模の人員削減を想定した経営計画を発表している。銀行の多くの事務作業は情報システムやAI(人工知能)に置き換えられる。技術革新によって、多くの仕事が消失しようとしている。この流れはいま足元で起きていることだ。事務的職業の有効求人倍率が異様に低いのも、そうした変化を反映したものと考えるべきだ。

人手不足と人余りが共存するのが今の日本の労働の状況であり、労働移動がスムーズに進まないことがミスマッチの問題である。これが日本経済を苦しめている。人手不足の分野にもっと多くの労働が移動すれば、全体として賃金は上昇する。また、人手が余っている分野では労働生産性は低くなっている。人手不足の分野に人が動けば、社会全体としての労働の生産性も高くなる。それによって日本の潜在成長率を引き上げることができるのだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月11日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
各国の労働事情
人民日報が中国民の労働問題を模索するなかで、日本が
注目されていると見えます。
経済成長した中国にはそれなりの労働問題・人口問題があって、
高度化した労働力を吸収する職場が足りないようです。
農民工と呼ばれた労働層がばらけて多種多様化している。

2016年 中国の労働事情
http://www.jilaf.or.jp/rodojijyo/asia/east_asia/china2016.html

北欧、ドイツでは移民=難民で、非常に扱いづらい問題になっていて、
どこが抜本策を打って見せるか注目される。日本が見習うべきテンプレートは
まだ見当たらない。
日本はスイスと似た状況にあって、実際、労働政策はスイスに似ている。
高齢者活用、女性活用も進んでいるようです。
国内の就労者の年齢構成をみると、60歳以上は全産業で7.4%、運輸業で
10.4%。運輸業では女性比率は17%。

地域のあり方と移民問題 日本の将来をスイスから学ぶ
http://ironna.jp/article/1371

外国人労働者の受け入れ、「実用主義」の見えるスイス
https://www.swissinfo.ch/jpn/スイスの移民政策の歴史_外国人労働者の受け入れ-実用主義-の見えるスイス/42095946
[ 2018/03/11 13:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp