韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、今度は中日ロに「北東アジア平和体制構築」への協力を説得

韓国政府、今度は中日ロに「北東アジア平和体制構築」への協力を説得

米国訪問を終えて11日に帰国したチョン・ウィヨン大統領府国家安保室長、ソ・フン国家情報院長が12日から役割を分けて中国とロシア、日本を訪問する。二人は、周辺国に朝米訪問の内容について詳しく説明すると共に、朝鮮半島平和体制の構築に向けた協力を要請する予定だ。特に南北および朝米関係の急進展を歓迎しながらも、朝鮮半島における主導権の喪失を懸念する中国と、北朝鮮の意図を疑いながら「パッシング」を心配する日本などを安心させ、朝鮮半島の平和が周辺国の利益になるという点を強調するものと見られる。

チョン室長は同日、帰国直後、仁川(インチョン)国際空港で記者団に、「国民の声援のおかげで、4月末の南北首脳会談が実現し、米国と北朝鮮間の首脳会談も実現しそうだ」としたうえで、「今後2回の首脳会談が成功裏に開催され、多くの成果をあげられるよう、外交的にも実務的に準備に万全を期する」と明らかにした。チョン室長は特に「朝鮮半島非核化という目標の早期達成、またそれを通じた朝鮮半島における平和定着に向けた文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の強力な意志、そして二人の決断に敬意を表する。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の勇気ある決断も高く評価する」と強調した。チョン室長とソ院長は、帰国後に大統領府に移動し、文在寅大統領にドナルド・トランプ大統領との面会など、訪米結果を報告した。

12日からは周辺国家の説得にも本格的に乗り出す。チョン・ウィヨン室長は12~13日の中国訪問に続き、15日までロシアを訪問する予定だ。ソ院長も12日からナム・グァンピョ大統領府国家安保室2次長と共に2日間にわたり日本を訪れる。チョン室長は、中国で習近平国家主席と面会し、南北、朝米間の対話が中国が堅持してきた「双中断」(北朝鮮の核・ミサイル開発と韓米合同演習同時中断)と「双軌並行」(朝鮮半島非核化プロセスと朝米平和協定体制をめぐる交渉の同時推進)案と大きく変わらないことを説明し、協力を求めるものとみられる。習主席は中国最大の政治イベントである両会が開催されているにもかかわらず、チョン室長との面会日程を設けた。


また、朝中関係が最悪の状況で朝米対話が進められるだけに、朝鮮半島問題で疎外されるのではないかという中国の懸念を払拭する努力も一緒に行われる見通しだ。大統領府関係者は「中国の『双中断・双軌並行』案が対話局面作りに貢献したという点に感謝の意を表すると共に、中国の役割を強調する」と話した。チョン室長一行は楊潔チ外交担当国務委員や王毅外交部長とも面会するとみられる。さらに、チョン室長はロシアを訪問し、朝鮮半島の平和と安定がウラジーミル・プーチン大統領が推進する「東方経済」政策に役立つという点を説得する計画だという。プーチン大統領との面会についてはまだ調整を続けている。大統領府関係者は「ロシアは今月18日の大統領選挙を控え、韓国の特使団に会うのがどう映るかについて検討しているようだ」と話した。

日本に向かうソ院長一行は、日本の安倍晋三首相に金委員長が約束した「核・ミサイル挑発の中断」が日本の利益につながる点を説得し、友好国として協力を要請するものと予想される。大統領府関係者は「北朝鮮の真剣さを信じて疑念を晴らし、北東アジア平和体制を作ってみようという趣旨で話すものと見られる」と話した。安倍首相は今月8日「金委員長との面会に出席した当事者に、韓国政府の発表では明らかにならなかった点を直接聞きたい」と述べた。文大統領は米中日ロなど周辺諸国の首脳たちと直接電話会談する案も検討していると、大統領府関係者は明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/

韓国青瓦台(大統領府)関係者は昨年7月16日、「8月15日は第2次世界大戦が終わった日ということから、朝鮮半島を超え、北東アジア全体に関するメッセージを発信することを検討している」として、「6月には安全保障、7月には朝鮮半島だった大統領のメッセージの焦点が8月には北東アジアに広がる」と伝えている。文大統領の北東アジア構想は大統領選で公約として掲げた「北東アジア責任共同体」を基本とするとみられる。北東アジアの三つの軸である韓国・中国・日本の協力強化に加え、北朝鮮の核問題を巡る6カ国協議の再開を通じ多国間の安全保障協力体制を構築し、経済共同体を形成することが主な内容だ。

北東アジアは日本政府がすでに構築している。もともとは朴槿恵前政権の代表的な対外政策だった「北東アジア平和協力構想」を破棄せず継承したわけで、青瓦台は外交・安全保障政策は前政権のものでも良い政策は引き継ぐとした事で、逆に孤立を深め、日本や中国の間で、もがくのだろうと予想するが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月12日 08:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp