韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  頭越しの米朝接近に焦る日本「北の核査察費用3億円負担」

頭越しの米朝接近に焦る日本「北の核査察費用3億円負担」

「このタイミングは想像もできなかった」(日本の外務省幹部)
「完全に日本の頭越しに伝わった」(元防衛相)
米国と北朝鮮の対話の流れが急速に進展し、日本の外交実務者や安全保障の専門家からは不安の声が漏れ始めている。日本メディアは11日「日本抜き」「頭越し」という言葉を用いて現在の状況を端的に表現した。 事の発端は、トランプ米大統領が北朝鮮との首脳会談実施を決めた後、9日午前になって安倍晋三首相に事後報告したことだった。6日に韓国が南北首脳会談を発表した時点では、米国と日本は双方とも対外的には「対話のための対話は意味がない」との立場だった。

朝日新聞は「米国は日本との事前協議をせずに米朝対話を決断した」として「『米国に捨てられた』という不安感がある」と報じた。日本は既に北朝鮮のミサイルの射程圏内にある。この状況で米国が北朝鮮と妥協すれば、日本は米国という「風よけ」を失ったまま北朝鮮のミサイルの射程圏内に残ってしまうことになる。「ジャパン・パッシング(日本外し)」の懸念が強まり、日本政府も関連の議論にようやく本腰を入れようという動きを見せている。共同通信は複数の政府関係者の話を引用し「北朝鮮が国際原子力機関(IAEA)の査察に応じる場合、日本が必要な初期費用3億円を負担する方針を日本政府が検討している」と報じた。

安倍首相はこれまで、トランプ大統領との親密な関係をアピールし「日米は百パーセント共にある」と何度も強調してきた。首相官邸と外務省の関係者も「日米関係はこれまでで最も良好であり、(米国が日本抜きで何かを決める)『サプライズ』はありえない」と話した。しかし、その自信は幻想にすぎないという指摘が出ている。安倍首相が米国にばかり依存した結果、米朝対話が進展する過程で孤立するのではないかという懸念だ。産経新聞は「過去にも米国は何度も、日本と十分に協議せずに北朝鮮との交渉を進めた」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/


米朝首脳会談の開催が決まった8日、韓国大統領府関係者は「自国の手柄」のように明らかにしたが、真相は少々違う。トランプ政権は以前から、周到に準備を進めていた。外交筋が、その経緯を明かす。 「ホワイトハウスは、韓国を通じて北朝鮮に条件を出していた。1つは『米韓合同軍事演習は継続する。文句を付けるな』というもの、もう1つは『核完全放棄の意思を示せ』だった」

国連安全保障理事会の「最強制裁」の実施に伴い、北朝鮮は現在、洋上で船から船へ石油などを移し替える「瀬取り」などの手段で物資の密輸を余儀なくされている。 その結果、対話を求めてきたわけだが、過去に何度も裏切り続けてきた北朝鮮を、トランプ政権は信用していない。ペンス氏は「北朝鮮が核開発を終わらせる具体的、恒久的、検証可能な段階を踏むまで、すべての制裁を維持し、最大限の圧力をかけるキャンペーンは続いていくだろう」と宣言した。 正恩氏は米国の厳しい目におびえながら、過ごすことになりそうだ。(夕刊フジ)

「日本抜き」で盛り上がる韓国メディアだが、日米の相互連絡はある程度確立できている。気まぐれトランプとはいえ、アジアのリーダー国として、日本頼みの側面がある。日本を無視した勝手な動きと言うが、そうではないだろう。想定範囲ではないか…。北朝鮮の約束破りは、思惑があっての事だ。ここまで核開発をしてきて手放すはずもない。南朝鮮はその手助けをする国と化したわけで、自滅へ加速している。ただ日本政府の状況も自国内問題で決して安泰ではなくなってきたのも事実。だらしない日本政府の連中は、お粗末な事でもめている。 財務省をふくめて、システム構築が不可欠なわけで、野党の追及も異常値と言える。それにしても野党は公文書等などを今までどこから入手してきたのか。これを追求する人材はいない…。 一方、今回の米朝会談話で、日米同盟の信頼度と言う面で、いずれはっきりするのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月12日 09:47 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
有頂天の韓国の1年後が楽しみ
韓国がセッティングし、米朝会談が実現し、米朝平和協定が結ばれると有頂天に成っている。
しかし、米朝会談で簡単に解決できる程簡単な話ではない。
米朝会談の結果で韓国が惨めに成るのでは無いか?

[ 2018/03/12 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp