韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタが「待たずに乗れる」タクシー配車システムを開発 年内に実用化

トヨタが「待たずに乗れる」タクシー配車システムを開発 年内に実用化

トヨタ自動車が3月9日、JapanTaxi(日本交通グループ会社)やKDDI、アクセンチュアなど4社と共同で、AI(人工知能)を活用した「タクシー配車支援システム」を開発したと発表しました。 タクシー会社にシステムを提供して乗車率を高めるのが狙いで、年内の実用化を目標に東京都内で同システムを試験導入しているそうです。タクシー/公共交通機関の運行状況や天候、人の動きの予測などのデータを基に、タクシーを待つ人が多い地点をAIが導き出すことで乗車率向上に繋げるというもの。

市街地を500m四方の区画に分け、AIが区画毎のタクシー需要を30分単位で予測するそうで、新聞報道などによると、営業成績の良いタクシードライバーのノウハウも活用している模様。タブレット端末に予測情報を示した地図が表示され、顧客が多いと見込める地域へ向かうことで効率的な営業ができるといいます。 トヨタは同システム開発に75億円を投入。日本交通のタクシー数台を使って都内で試験したところ、システムを導入したドライバーの2月の売り上げが前月比で20%以上増えたとか。今後、全国のタクシー会社にシステム導入を促すそうです。

タクシー利用者にとっても、雨天時や寒い日、暑い日などに延々とタクシー待ちを強いられることが無くなるだけに、同システムの普及が大いに期待されます。
http://www.zakzak.co.jp/


2018-03-12-k003.jpg

トヨタ自動車株式会社とJapanTaxi株式会社は、KDDI株式会社、アクセンチュア株式会社と共同で、タクシー運行実績に、スマートフォンの位置情報ビッグデータを利用して生成する人口動態予測やイベントなどの情報を掛け合わせて予測したタクシー需要を配信する「配車支援システム(以下 本システム)」を開発し、東京都内で試験導入を開始した。本システムに使われるタクシー需要予測技術は、人工知能(AI)を活用して東京都内500mメッシュ毎のタクシー乗車数を30分単位で予測するものだ。4社は、タクシー運行実績や人口動態予測だけでなく、タクシー需要への影響が大きい気象、公共交通機関の運行状況、大規模施設でのイベントなどのデータをAIに取り込み、需要の大小に応じた複数の学習モデルを適用している。このタクシー需要予測技術の精度を東京都内で検証した結果、正解率94.1%という高い精度を実現した。

4社は、2018年2月から本システムをタブレットに実装して、JapanTaxiの関係会社である日本交通株式会社のタクシー数台に試験導入することで、実環境での有効性の検証を開始している。タクシーに搭載されたタブレットの地図上には、予測されたタクシー乗車数だけでなく、周辺の直前の空車タクシー台数も同時に表示されており、ドライバーは需要と供給のバランスを見ながらタクシーを運行を可能とする。これにより、需要が大きいものの空車タクシーが少ない場所に車両を集めることができ、お客様の待ち時間を減らせるだけでなく、車両の最適な配置によってタクシーの乗車率を向上することも可能になる。加えて、営業成績の良いドライバーの知見に基づいた「お客様を見つけやすい走行ルート」のデータを、ドライバーはタブレット上で受け取ることができる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月12日 09:57 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp