韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本人が、「勝率100%」のじゃんけんロボットを開発したぞ!

日本人が、「勝率100%」のじゃんけんロボットを開発したぞ!

物事の優先順位を決めたり、勝敗を決めたりするのに日常的に用いられるジャンケン。理論上、2人でやれば勝ち、負け、あいこの確率はそれぞれ3分の1になるのだが、そこにさまざまな心理的な駆け引き、個人のクセなどが入り込むことで、現実には勝率が3分の1ピッタリになることはない。中国メディア・東方網は9日、日本の研究グループが勝率100%の「ジャンケンロボット」を開発したとする記事掲載した。

記事は、「2人で食事の約束をして、1人が火鍋を、もう1人が焼肉を食べに行きたいと主張した場合どうするか。もちろんジャンケンするだろう。小さい頃、ジャンケンは中国だけのものだと思っていたのだが、世界で行われているほか、アニメキャラクター、さらには、ロボットまでジャンケンをするのである」とした。 そのうえで、東京大学の研究グループが指3本からなる「ジャンケン専用ロボット」を開発したと紹介。「ジャンケンは偶然性をベースに心理戦やさまざまなテクニックが存在するのでロボットは弱いだろう、と思っている人は甘い。このロボットはハイスピードカメラと高速アームのシステムを持っていて、1ミリ秒以内に相手が出す手を認識し、20ミリ秒以内に自分の手を出すのだ。われわれ人間が手を出すのにかかる時間は60ミリ秒だと言われている。人との対戦で負けたことがないのである」と説明している。

ジャンケンに強いというよりも、相手のわずかな動きを見逃さず捉え、最善の行動を瞬時に判断し実行するという能力がこのジャンケンロボットの特筆すべき点だろう。技術の進歩には驚きと期待感とともに、恐ろしささえも感じる。
http://news.searchina.net/




「iREX 2013(2013 国際ロボット展)」に「勝率100%じゃんけんロボット」が出展され、そのデモンストレーションを見ようと非常に多くの人が集まった。ロボットを出展したのは東京大学 石川・奥研究室。動画を見ると、確かにロボットが常に勝っている。人間が連続して速いスピードで手を変え続けても、ロボットもそれに反応してその手に勝つ手を出し続けている。このロボットは、ハフィントン・ポスト米国版やBBC、デイリー・メールなど、複数の海外メディアで取り上げられている。特に研究者の意図、技術の応用について注目されているようだ。例えば乗り物に応用できれば、危険を予測して先回りし、事故を防ぐシステムの実現が期待できる。

BBCは、高性能ロボットを使って人間の感覚を再現しようとする「センサフュージョン」の研究について言及。このロボットの特徴が、「予測」ではなく高速の「認識」、「反応」能力にあるとしたうえで、「事故防止や仮想の株式市場など、1ミリ秒の遅れが命取りになる状況では、ゲーム理論と行動パターンを利用して、高速反応と高速予測を組み合わせる必要がある」とのエディンバラ大学ロボット工学の教授の見解を紹介している。デイリー・メールは、研究者の目的が「人間とロボットの協力関係の強化」にある点を紹介。この技術が、「遅延なしの人間の動作支援や人間との協調作業などに、応用展開されると期待できる」との同研究室の声を伝えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月12日 10:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
みち
どの段階で認識するのかな。

思いっきりグーのままで差しだし、止まった瞬間にパーにしたら、それでもチーを出すのかな?
[ 2018/03/12 23:08 ] [ 編集 ]
これ考えてみれば反則でない?
後出しじゃんけんだろ。
機械が勝つに決まってる。
めちゃくちゃ早いから同時に出しているように見えるけど。
[ 2018/03/13 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp