韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国車の生産台数、メキシコに先越された

韓国車の生産台数、メキシコに先越された

韓国自動車産業に赤信号が灯った。韓国国内自動車の生産台数がメキシコに逆転された。内需と輸出が共に低迷している中、「GMショック」まで重なったことによる結果だ。 12日、韓国自動車産業協会は、今年1、2月の韓国内生産自動車台数は59万9346台で、昨年同期より5.5%(3万4738台)減少したと発表した。一方、メキシコ自動車協会(AMIA)によると、今年1、2月のメキシコの自動車生産台数は63万2107台で、韓国より多かった。国別自動車生産台数の順位では7位で、韓国(6位)より遅れていたメキシコが今年に入って韓国を3万2761台も上回ったのだ。

2016年は、韓国の自動車生産台数がメキシコより約62万8000台多かった。しかしその格差は、昨年は4万6000台へと縮まった。今年はわずか2ヶ月で順位が変わったのだ。韓国は1、2月の国内販売が昨年同期より3.7%減少した。群山(クンサン)工場の閉鎖決定によって撤退説が浮上した韓国GMの販売台数が40.3%激減したのが決定的な要因となった。国内企業の輸出台数も6.1%減少した。 韓国は自動車生産台数上位10カ国の中で唯一、2016、2017年の2年連続で生産台数が前年に比べて減少した。金容根(キム・ヨングン)韓国自動車産業協会長は、「慢性的な高コスト・低効率構造を改善しなければ、国内外企業共に投資を渋り、主要自動車生産国の中で韓国だけが唯一墜落しかねない」と憂慮した。
http://japanese.donga.com/


聯合ニュースによると、05年に自動車生産量で世界トップ5に上がった後、15年まで11年連続でその座を守った韓国だが、2016年はインドに抜かれ6位に追いやられ、2017年は7位への転落がささやかれていた。 韓国は生産台数で世界5位のインドを追う形だが、2017年に入ってむしろインドとの差は広がり、7位のメキシコが恐ろしい勢いで韓国を追撃している状態であった。インドは前年比で9.7%増の124万533台を生産しており、韓国との差は昨年の6万台から2017年は20万台に拡大、一方のメキシコは、前年比で18.2%増の99万4560台を生産、韓国との差は2016年の23万台から4万6000台へと大きく縮小した。

韓国産業研究院の関係者は「韓国の自動車生産市場は製品原価が高く内需は停滞しており、成長が容易ではない状況」とし、「今のように国内自動車生産工場への投資が行われなければ、韓国は間もなく7位のメキシコに逆転されるだろう」と話していたわけで、時間の問題であった。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月13日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp