韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済副首相「今年上半期にCPTPPに参加するかどうかを決定」

韓国経済副首相「今年上半期にCPTPPに参加するかどうかを決定」

金東ヨン(キム・ドンヨン)韓国経済副首相兼企画財政部長官が包括的および先進的な環太平洋経済連携協定(CPTPP)に参加するかどうかを今年上半期に決めると12日、明らかにした。 金副首相はこの日政府ソウル庁舎で開かれた対外経済長官会議に参加して「今年上半期にもCPTPPに参加するかどうかをめぐって関係部署間の合意を導き出し、必要であれば通商手続き法上の国内手続きを開始する」と話した。

また「政府はその間、CPTPPをめぐる議論動向を綿密にモニタリングしながらCPTPP参加の経済的妥当性などを先制的に検討してきた」とし「今後も日本、オーストラリア、メキシコなどの国内批准動向を鋭意注視するだろう」と明らかにした。 CPTPPは世界最大の貿易協定で、国内総生産(GDP)基準で世界経済の13.5%、人口5億人を包括している。カナダ、メキシコ、オーストラリアなど米国の主な貿易相手国が含まれている。アジアでは日本、オーストラリア、ベトナム、マレーシアなどが参加しているが、韓国と中国は入っていない。

梨花(イファ)女子大学法学専門大学院のチェ・ウォンモク教授は韓国経済新聞とのインタビューで「新保護貿易主義のために韓国が中国、米国などの通商圧力に苦しめられているが、多国間自由貿易協定(FTA)に加盟すれば他の国々と共同戦線を展開しやすくなる」として「環太平洋経済連携協定(TPP)参加をこれ以上ためらってはならない」と話した。
http://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
東亜日報は、政府は、日本が主導してきた複数の国同士の貿易協定である「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」への加盟を推進することにしたと報じた。米国発貿易戦争に拍車がかかっている中、世界経済がブロック化したことで、グローバル市場での韓国の立場が狭くなる可能性があると言うのが理由だ。政府はこれまでCPTPPに加盟するかどうかを年内に決めたいとして留保的な立場を取ってきた。しかし、昨年1月に協定から離脱した米国が、最近復帰の意思を明らかにしたことで、議論が急激に進んでいるとした。

離脱した米国を除く11カ国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に韓国が関心を示した理由は、参加に向け交渉を主導する日本政府に事務レベルで接触し他だけでなく、合意した11カ国によるTPP11に乗り遅れれば、アジア太平洋地域の成長を自国に取り込めないとの危機感が韓国側にはあるとみられるが、韓国がTPPに参加云々よりは、日本政府もまずは11カ国での発効を優先させる方針なわけで、米国も復帰が無いとも言い難い状況だ。日米外交で今後どのようになるのかは、様子見でしかない。韓国はFTAで失敗し、TPPでとどめ打ちでは困った問題となるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月13日 09:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
今度ダメなら4連敗
>「今年上半期にCPTPPに参加するかどうかを決定」
というのは、あと3ヶ月ほど様子を見て、貿易情勢が好転
しないなら、日本へお願いに行く、という意味でしょう。

日韓関係は、FTA、通貨スワップ、慰安婦問題合意と、韓国は3連敗。
TPP再挑戦がだめなら4連敗になる。

FTA(米韓×、中韓×、日韓×)がだめだからTPPというのは
米中日を除くASEANで小さくても仕事をとりたいというアイデア。
米中日との貿易改善はだめだから次善の策か。
[ 2018/03/13 14:26 ] [ 編集 ]
TPPについては日本だってそれなりに痛みは伴う話なのだが
韓国はそれに耐えられる情勢なのか。
[ 2018/03/14 07:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp