韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、中国主席の訪韓を要請も中国政府に無視される?

韓国、中国主席の訪韓を要請も中国政府に無視される?

2018年3月13日、米華字メディアの多維新聞は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が特使を中国に派遣し、習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪韓を要請したことについて、「中国外交部の報道発表ではその内容に触れられていない」とし、「訪韓要請は中国政府に無視された」と伝えている。

記事はまず、12日付の韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が同日、北京で習主席と会談し、「習主席の早期の訪韓を願う」と招請する文大統領のメッセージを伝えたことを紹介した。その上で、中国共産党機関紙の人民日報の報道でも中国外交部の報道発表でも、韓国が習主席に訪韓を要請した内容に触れていないと伝えた。

記事によると、人民日報は、習主席が韓国特使との会談で、文大統領が中国に特使を派遣し、北朝鮮への訪問と訪米時の米朝対話の推進状況を報告したことに対し、「中国政府は称賛の意を表したい」と述べたことなどを伝えたが、韓国が習主席に訪韓を要請した内容については伝えなかったという。

中国外交部も同日、習主席と韓国特使の会談内容について発表し、鄭特使が習主席に文大統領の心からのあいさつを伝え、韓国は中国が引き続き重要な役割を果たすことを希望し、中国と共に平和的手段で北朝鮮の核問題を解決し、地域の平和と安定、発展を推進していきたいと述べたことなどを伝えたが、習主席への訪韓要請については触れなかったという。
http://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
中国外務省によると、習近平国家主席は12日、韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長と北京で会談した。韓国側がトランプ米大統領、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談内容を説明。習主席は「南北首脳会談と朝米対話が順調に行われるよう期待する」と述べ、歓迎する意向を示したという。 習氏は「南北双方の関係改善や和解・協力の推進、米朝の接触と対話を支持する」と述べ、「朝鮮半島の非核化や、戦乱を防ぐことは中国の一貫した立場だ」と強調。文在寅大統領が鄭氏を特使として派遣したことを「称賛」したとの事。

中国は対話による北朝鮮の核問題解決を促すとともに、対北朝鮮制裁の国連安保理決議履行に昨年以降、積極的に協力してきたと主張している。鄭氏は「中国は重要な役割を率先して発揮した」と述べ、「衷心からの感謝」を伝達。中国の今後の役割に期待を示し、「緊密に協調していきたい」と訴えた。 韓国大統領府によると、約30分間の会談の中で鄭氏は「習主席が早期に国賓として訪韓することを願う」と招請する文大統領のメッセージを伝えた。続いて訪米結果などを説明した。朝鮮日報は、韓中関係については、両国首脳による合意事項がしっかりと履行されており、関係が改善される傾向を維持しているとし、「両国が政治的な交流を強化して戦略的な相互信頼を強固にし、敏感な問題を適切に処理することにより中韓関係が安定的かつ健全に発展するよう推進することを願う」と強調したと報じている。

米国に中国そして日本に説明を実施し、得意気な文大統領だが、北朝鮮に利用されただけの特使では、各国の首脳はまともには聞けないだろう。韓国は自慢げだが、のちに来る韓国切りは想定していないようだ。自己都合な国である。北朝鮮の核保有は戦後からの自国防衛技術であるから、そう単純な事ではない。まして大国編入などがあれば無駄な努力と化すだろう。米国トランプでは役不足だ。ましてロシアと中国がどう動くのかは大きな関心ごとではあるが、今の日本政府では次第に心もとなくなってきたが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月13日 10:42 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp