韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「追い銭」を払えば絶対にタクシーを配車、カカオTが有料呼び出しを月末に導入

「追い銭」を払えば絶対にタクシーを配車、カカオTが有料呼び出しを月末に導入

モバイルタクシー呼び出しサービス「カカオT」に追い銭を払えば、絶対にタクシーを捕まえることのできる有料化機能が、今月末や遅くとも来月中に導入される。カカオT、カカオナビ、カカオマップなどを運営するカカオモビリティの鄭周桓(チョン・ジュファン)代表は13日、ソウル中区小公路(チュング・ソゴンロ)にあるザプラザホテルで記者懇談会を開き、現在の無料タクシー呼び出しに「即時配車」「優先呼び出し」などの有料呼び出し機能を追加すると発表した。

即時配車とは、運賃のほかに追加費用を払えば近くの空タクシーを運転手のコールの受け入れ如何とは関係なく、つかまえてくれる機能である。価格は現行のコール費(昼間は1000ウォン、深夜は2000ウォン)より高く設定される。優先呼び出しとは、人工知能(AI)技術を活用して、空車の時間、交通状況など数十種類の要素を反映して、配車成功確率の高いタクシー運転手を見つけて呼び出しを送る方式である。最初は定価の形で維持し、ウーバーやリフトのようにフレキシブル料金制に切り替える計画だ。

これはカカオTというプラットフォームを通じて利用手数料をもらう収益モデルである。タクシーメーターのほかに追加料金の受け取りを禁じている現行法に抵触しないというのがカカオの説明である。鄭代表は「国土交通部から合法的だという意見を受けた」と語った。ただし、追加料金はタクシーの運転手に直接配分されない。カカオは、運行実績や顧客評価などを総合的に反映して、換金可能なポイントをタクシー運転手に提供する。無料タクシー呼び出しの配車実績もポイント算定基準に入れて、現在、運転手たちが無料コールを避ける現象を防ぐ計画だ。

スポンサードリンク
カカオは、有料呼び出し機能の決済の場合、カカオTに登録されたクレジットカードから自動的に支払われるようにする予定である。現在の無料タクシー呼び出し方式でも、登録されたカードで運賃を払えるように、年内に決済ソリューションを導入する計画だ。また、カカオTを通じてタクシーを拾えない時は、乗り合いに移るサービスを第2四半期(4〜6月)に発売する予定である。このため、カカオは先月、乗り合い会社Luxiを252億ウォンをかけて買収している。

グローバル進出の青写真も出した。今年下半期(7〜12月)に、日本のジャパンタクシー(6万台を保有)と協力して、両国の消費者が追加でアプリをインストールしなくても、地元のタクシー呼び出しサービスを利用できるようにする計画だ。日本を訪れた韓国人たちはカカオTを通じて、韓国を訪れた日本人たちはジャパンタクシーを通じて、該当国でタクシーを呼び出すことができる。また、昨年12月に投資したリムジンの予約サービス会社「easi6コリア」のインフラを活用して、カカオTのユーザーが、香港、台湾、東南アジア地域を訪れたとき、現地の移動手段に結び付けるサービスも年内に導入する予定である。
http://japanese.donga.com/

2018-03-12-k003.jpg

トヨタ自動車株式会社と日本交通の関連会社であるJapanTaxi株式会社は、KDDI株式会社、アクセンチュア株式会社と共同で、タクシー運行実績に、スマートフォンの位置情報ビッグデータを利用して生成するモバイル人口流動統計(人口動態予測)やイベントなどの情報を掛け合わせて予測したタクシー需要を配信する「配車支援システム」を開発し、東京都内で試験導入を開始したと発表している。2018年度中の実用化を目指す。人工知能を活用したタクシー乗車需要予測サービスは、NTTドコモと東京無線協同組合、富士通、富士通テンと共同開発した「AIタクシー」が先行している。昨年より実証実験を重ね、先月、東京23区、武蔵野市、三鷹市では東京無線タクシーの1,350台、名古屋市ではつばめタクシーグループの1,150台のタクシー車両が既に走行を開始している。また、ソフトバンクグループのAgoop(アグープ)は、最短10分前の人の流れを地図やグラフなどを使ってわかりやすく可視化するサービス「Kompreno」(コンプレノ)の開発を発表している。

4社は、2018年2月から同システムをタブレットに実装して、日本交通株式会社のタクシー数台に試験導入することで、実環境での有効性の検証を開始した。タクシーに搭載されたタブレットの地図上には、予測されたタクシー乗車数だけでなく、周辺の直前の空車タクシー台数も同時に表示されており、ドライバーは需要と供給のバランスを見ながらタクシーを運行する。これにより、需要が大きいものの空車タクシーが少ない場所に車両を集めることができ、利用者の待ち時間を減らせるだけでなく、車両の最適な配置によってタクシーの乗車率を向上することも可能になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月14日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp