韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国企業が「自国を離れて事業をする理由」

韓国企業が「自国を離れて事業をする理由」

2018年3月15日、韓国・中央日報は、ある韓国企業が韓国を離れて事業を展開する理由について報じた。 記事によると、スマートフォンや自動車電装部品用カメラモジュールを生産するM社は最近、ベトナムのニンビン地域に1万8000平方メートル規模の第2工場を完成させた。完工式にはベトナム政府関係者をはじめ、50以上に及ぶ協力会社の関係者など数百人が参加したとされる。これに先立ちM社は2013年にベトナムに初進出し、同地域に5万9000平方メートルの生産基地を建設していたという。当時1500人だった現地雇用規模は現在4300人まで増え、今回第2工場が稼動すればさらに大きくなる見通しだ。財界関係者は「安い人件費は営業利益率を高める上、ベトナム政府の全面的な支援と相対的に緩い規制環境は企業経営を楽にしてくれる」とし、「企業の立場としては、韓国で事業を展開する理由はない」と話している。

また、記事は「韓国内の雇用減少の裏には工場エクソダス(=国外脱出)がある」と伝えている。輸出入銀行の統計によると、2012年に819件に達したベトナムへの投資申告件数は、昨年は2362件と5年間で3倍にも増え、過去最高の数値を記録した。投資金額も5年で2倍近く増加した。これはベトナムに限ったことではなく、韓国企業の海外法人の投資件数と投資金額はここ4年間で毎年新記録を樹立しており、昨年1年間で海外に3411の法人を設けるなど437億ドルを投資したという。 延世大学経済学科のソン・テユン教授は、「政府の雇用政策は『民間投資規模と雇用数は正比例する』という認識から出発しなければならない」と指摘、「企業に負担を負わせる政策を相次いで発表しておきながら、国内に投資して雇用創出というのは実現不可能な注文」と話したという。


さらに記事は「企業が海外に目を向ける背景は『重層的』」と伝えている。単に安価な人件費だけでなく「企業環境」も海外進出をあおっているというのだ。世界経済フォーラム(WEF)が2016年に評価した韓国の規制環境は138カ国中105位を記録、米国(29位)、日本(54位)、ドイツ(18位)に比べて大きく出遅れており、昨年の規制自由度も159カ国中75位、OECD27カ国中では23位を記録した。また、硬直した労働環境と強気な労組も雇用減少の原因と言われている。税制恩恵など政府が企業を支援できる政策も次第に萎縮し、これが企業を萎縮させた。

成均館大学のチョ・ジュンモ教授は、「米国は1つの規制を導入すると2つの規制をなくす『Two for One』規定を導入、英国は規制がコストを増加させる場合、増加費用の2倍に達する従来の規制を改善するという『One−In、Two−Out』制度を導入した」と説明し、「これらの政策に盛り込まれている『企業第一』精神を学ばなければ、雇用拡大は空しいスローガンにとどまることになるだろう」と警鐘を鳴らしている。 これを受け、韓国のネットユーザーからは「一部の強気な労組が問題」「韓国の強気な貴族労組はドイツの労組を学ぶべき。ドイツの労組委員長は現場で一生懸命働いている」など、労組に原因があると指摘する声が上がっている。
http://www.recordchina.co.jp/

韓国の人口は5000万人と、決して多くなく、国内市場の規模も日本の半分以下です。一方で、財閥が強い産業構成ですので、財閥企業がどんどん力をつけ、大きくならざるを得ません。そのため、企業を成長させるために海外に販路を求めた。日本に比べて国内市場が大きくない韓国。「自国市場だけを見ていたら生き残れない」という「危機感」が政府を動かし、企業が動かされていた。とはいえ、自国内企業システムにおいて、自国民度はさらに重要だ。企業における自国社員の態度対応も、賃金上昇だけの不満だけが独り歩きし、将来性のある企業体質ではない。社員教育に力を入れてこなかった外資系企業の特徴でもあるが、韓国は輪をかけて結果重視によるヘッドハンティングに頼りすぎたという側面がある。

日本より人口比率で企業数が多い韓国中小企業は、規模が小さく設備投資も人材も不足し、財閥企業は日本の中小企業に頼っている側面もある。品質と価格は相反する部分でもあるが、企業競争が少ない新興国ばかりに進出する財閥企業では、企業競争力が低下するだけでなく、技術の蓄積も劣るわけで、世界企業と争う競争力を考慮すれば、品質向上とマーケティングは不可欠となる。自国企業レベルを上昇させないと、本来海外進出も難しい。単に規制だけの問題ではないし、企業数が多ければ良いという問題でもない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月17日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp