韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の通貨スワップ、今後の課題は何か

韓国の通貨スワップ、今後の課題は何か

韓国企画財政部と韓国銀行は2月9日、スイスと100億スイスフラン(約106億ドル)規模、期限3年の通貨スワップ協定を結ぶことで合意したと発表した。スイスフランは米ドル、ユーロ、円、英ポンド、カナダドルと共に世界の6大基軸通貨に数えられる。スイスとの通貨スワップ締結に成功したことで、韓国の金融の安定性はさらに高まったと評価できる。 通貨スワップは文字通り、通貨を交換し合うことを意味する。互いの相手国の通貨を取り決めた為替レートで相互交換する為替取引であり、元々は異なる国の個人や企業による取引で為替変動リスクに備えるために生まれた金融商品の一つだった。しかし、最近は通貨危機を防ぐために国家間で結ばれる通貨スワップ協定が一般的になっている。

国家間の通貨スワップは有事に際し、あらかじめ定めた限度内で自国通貨を相手国に預け、所定の為替レートで相手国通貨を借り入れることができる契約だ。例えば、韓国が通貨スワップ契約を結べば、韓国は必要な時にウォンをスイスの中央銀行に預け、スイスフランを調達できる。外貨不足で通貨危機が起きれば、相手国が限度内で外貨を融通してくれるため、流動性危機を回避することができる。そうした意味で、通貨スワップは「第2の外貨準備高」とも呼ばれる。外貨準備高が外貨不足に備える「積立金」ならば、通貨スワップは一種の「当座貸越」と言える。通貨危機に際し、国際通貨基金(IMF)から資金支援を受けるためには、さまざまな規制を受けることになり、経済主権と国家イメージが低下しかねない。これに対し、通貨スワップは特に干渉を受けず、安定的に外貨流動性を確保できるというメリットがある。


今回のスイスとの通貨スワップをきっかけとして、基軸通貨国である米国、日本との通貨スワップも関心事になっている。韓国は現在、米ドル、日本円、ユーロによる二国間通貨スワップ協定がない。国際取引に多用される信頼性が高い通貨とウォンを交換できる協定を結ぶことが重要なのだが、実情はそうではない。特に米日とは過去に通貨スワップ協定を結んでいたが、現在は解除された状態だ。

経済専門家は通貨スワップが為替市場の安定を保障する「万能薬」にはならないとアドバイスする。世界的な通貨危機は特定の国にだけ起きるものではなく、各国で同時に発生するため、通貨スワップを結んだ国から実際に支援を受けることが難しくなる可能性もある。成太胤(ソン・テユン)延世大教授は「通貨スワップに頼るよりも、外貨準備高を安定的に管理し、経常収支黒字を持続的に維持するとともに、通貨危機自体が発生する余地を小さくすることが重要だ」と語った。
http://www.chosunonline.com/

韓国の外貨準備高は不良債権ばかりで、流動性のある資金不足が問題となっている中で、しっかりと外貨準備高を確保できるのかと言う問題がある。それができないのでスワップに頼るのではないかと言う推測もある。さらに言えば外貨準備だけでは不足だろう。日本は外貨準備のみならず、米国とスワップを結んでいるわけで、日本とて安全には万全を期している。貿易依存が高く、為替依存度が高い韓国では、日本よりも慎重になるべきだろう。 だが韓国へのメリットだけで見返りがないのでは、困りごとである。自国政府は、外貨準備高の詳細を精査し、流動性の高い外貨準備となるべく対応しないと、自国経済低迷期であるから、半導体好調事業が低迷すれば逃げ道は無い。借金外交ばかりでは、一向に改善しないのではないか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月17日 09:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp