韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「手を引っかかれた」日本行きの韓国航空機で男が女性乗務員を暴行

「手を引っかかれた」日本行きの韓国航空機で男が女性乗務員を暴行

2018年3月15日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・釜山の金海空港で、離陸のため滑走路に向かっていたエアプサンの航空機内で男の乗客が乗務員を暴行し、航空機が再び搭乗ゲートに戻る事態が発生した。

記事によると、同日午後4時45分ごろ、金海空港から日本の大阪に向かうため滑走路を移動していたBX122便が、途中で搭乗ゲートに引き返す「ランプリターン」を行った。その理由について、エアプサンと金海空港は「乗客が乗務員を暴行したため」と説明したという。説明によると、その乗客は搭乗後、女性乗務員に自身の荷物を収納棚に入れるよう頼み、荷物を渡した際に「乗務員に手を引っかかれた」と主張。乗務員がすぐに謝罪してその場は収まったそうだが、その後、同乗客は案内放送をするため自身の近くに来た同乗務員の腕を突然殴り、首を絞めるなどの暴行を加えたという。

報告を受けた機長はすぐに航空機を引き返し、同乗客は搭乗ゲートで空港警察隊に逮捕された。その乗客は日本に住む30代の韓国籍の男だったとのこと。 またこの騒動により、約180人を乗せた同便は予定より50分ほど遅れて出発したという。


この報道に、韓国のネットユーザーからは「大迷惑。一番重い処罰を望む」「機内での暴力はどんな理由であれ無期懲役にしてほしい」「荷物を持ち上げる力はないのに、女性を殴る力はあるのか?」「乗務員を召し使いと勘違いしているの?」など批判の声が続々と寄せられている。また「乗務員がかわいそう。トラウマになってしまうのでは?」と心配する声も上がっている。
http://www.recordchina.co.jp/

2018年3月6日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の仁川国際空港で、大韓航空の旅客機が離陸に向けて滑走路を移動中に他の航空機と接触する事故が発生した。 記事によると、大韓航空は「6日午後8時20分ごろ、仁川を出発して米ロサンゼルスに向かう予定のKE011便が、出発に向けて滑走路を移動中に他の航空機と接触した」と明らかにした。事故当時、同便は牽引車に引かれていたといい、飛行機の翼の部分が滑走路に止まっていた別の航空機の後部と接触し、機体の一部が破損したという。

接触事故に韓国人による暴行では、信用も何もあったものでは無い。韓国人による問題はナッツ姫問題からはじまり、多数報告されている。挙句に機体接触事故等々が発生したのでは問題だろう。 2018年3月4日には、韓国の航空会社の不親切な対応が問題になっている。霧の発生によりルートを変更した結果、当該航空機の機長が退勤したため、乗客たちは航空便ではなく船でマカオまで行くことになったとか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月17日 09:42 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp