韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓半島二国体制が現実的だ

韓半島二国体制が現実的だ

米朝首脳会談が行われるというニュースは世界に衝撃を与えた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の仲介外交で韓国政府の身動きも取りやすくなった。しかし、マクロ的に見れば、米朝対話は予定された手続きだった。核戦争に発展する可能性が高い第2の韓国戦争(朝鮮戦争)は全ての当事国にとって破局を意味する。韓国、北朝鮮、米国、中国の全てが外交的解決を望んでいるという点で利害関係が一致する。それでも韓半島(朝鮮半島)を苦しめてきた「ゴルディアスの結び目」は刀一本では切れないはずだ。歴史がそれを証明している。

五里霧中の韓半島情勢を突破するには、むしろ南北二国体制を模索することが先決だ。韓半島二国体制は韓国と北朝鮮がそれぞれ別の主権国家として現存するという明らかな事実が出発点だ。南北が現実を受け入れ、正常な国として国交を結び、相互交流、経済協力を本格化すべきとの主張だ。大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国は1991年9月18日、国連に同時加入した。これにより、別個の主権国家であることが国際法的に認められた。当時の国連加盟159カ国が満場一致で承認した。よって、韓半島二国体制論は統一には触れない。南北がそれぞれ「欠損国家」にすぎないという分断体制論の批判も断固拒む。

当然南北統一は尊い願いだ。同じ民族同士が豊かに暮らすという夢は大変強い感性的な訴求力を持つ。しかし、ロマンチックな民族統一論が平和を害し、戦争を招きかねないという教訓は歴史の悲劇的アイロニー(皮肉)だ。6・25戦争(朝鮮戦争)は、北朝鮮版の民族統一論を北が武力で強行した結果起きた大惨劇だった。6・25以降も南北は国力競争でリードした側が統一議論をリードしてきた。


1970年代初めまでは北朝鮮が統一論を主導し、南北の国力が逆転した後は韓国が統一論をけん引してきた。そして、平昌冬季五輪で目にしたように、核という絶対的兵器を握った北朝鮮が南北統一の主張で先頭に立っているというのが現在の状況だ。

和平交渉を経て、互いに平等な形で統一した分断国家は存在しない。現代史の痛切な教訓だ。ベトナムは武力統一され、イエメンは平和統一の最初の段階が崩壊後、武力統一に帰結した。ドイツは一方的な吸収統一だった。南北統一の条理も全く同じだ。統一の名の下、韓国の市民が自由と豊かさを放棄するはずはない。統一の大義のために金正恩(キム・ジョンウン)が絶対権力を手放すはずもない。韓国の民主共和政体と北朝鮮の独裁体制を対等に統合した統一国家など実現不可能な妄想にすぎない。それがすなわち、下手に統一しようとすると、平和をもたらすどころか、戦争を招くことになる必然的理由だ。
http://www.chosunonline.com/

北朝鮮が主張する「連邦制統一案」は、これまで3回提案されている。最初に提案されたのは1960年8月であった。この時の「連邦制案」は、「当分の間、南北の政治制度をそのまま据え置き、二つの政府代表からなる最高民族委員会を組織して、南北連邦制を作る」というものであった。その後さらに2回の提案を経た。 北朝鮮の後ろ盾であったソ連と中国は、朝鮮戦争以降しだいに対立を深めた。中ソ対立の際、北朝鮮は朝鮮戦争に参戦してくれた中国につくことになるが、その中国がソ連を牽制するために米国と和解した。この結果、北朝鮮が国際的に孤立することになった。 北朝鮮はこのような状況を打開するために、「南北共同声明」(1972年7月)の発表に応じ、韓国に歩み寄る動きをみせた。そして同年9月、北朝鮮は「連邦制統一案」を提議し、翌73年6月には「祖国統一五大綱領」を発表するなど、韓国に対して平和攻勢をかけている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月18日 08:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
正論ですね
 この記事は正論ですね。
 彼の国にも正論を述べる方がいて、少しは安心しました。
[ 2018/03/18 09:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp