韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  北との対話局面、疎外された日本・中国は迅速な動き

北との対話局面、疎外された日本・中国は迅速な動き

4-5月に予定された南北首脳会談と米朝首脳会談を控え、日本と中国の外交的な動きも加速している。
安倍晋三首相は16日、約40分間の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で北朝鮮の日本人拉致問題を取り上げることを要請し、日朝対話の可能性に期待感も表した。両首脳は韓日中3カ国首脳会談と文大統領の訪日をきっかけに韓日首脳会談も早期に開催することに同意した。

米ワシントンを訪問中の河野太郎外相は16日(現地時間)、ペンス米副大統領との会談でも、北朝鮮の核・ミサイル問題と共に日本人拉致問題を米朝首脳会談で取り上げるよう要請したという。読売新聞によると、日本は米朝首脳会談で拉致問題が議論されなかったり、大陸間弾道ミサイル(ICBM)は廃棄するものの日本が射程距離に入る中・短距離ミサイルの脅威が残る事態を最も心配している。

これまで6カ国協議の議長国として北核問題の「仲裁者」の地位を享受してきた中国は、北朝鮮に対する独占的な地位が揺れている。むしろ米朝首脳会談を控えては両国と国交があるスウェーデン政府が一定の役割をしたのではという観測が出ている。さらに米中関係は米国の中国産輸入品に対する関税爆弾に続き、16日(現地時間)のトランプ米大統領の「台湾旅行法案」署名で最悪に向かうという見方が出ている状況だ。中国の立場では北核問題をめぐる対話局面で、韓国と北朝鮮を通じてレバレッジを確保して米国を牽制しなければいけない課題まで抱えている。

スポンサードリンク
習近平主席が両会(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)で忙しかった12日、時間を割いて鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長に会ったのは「チャイナパッシング」懸念を払拭するためという解釈が出ている。中国指導部は普通、両会期間には外交使節と会わない。中国外交トップの楊潔チ国務委員は今月28、29日に韓国を訪問する。習主席は早ければ今月末に北朝鮮に高官級代表団を送ることを検討している。

これに関連し、北朝鮮と米国が首脳会談で非核化に合意するとしても、その後の北朝鮮の合意履行のためには4カ国協議(南・北・米・中)や6カ国協議のチャンネルが有効だという分析が出ている。4カ国協議や6カ国協議では恒久的な平和定着のための協定の締結が議論される可能性もある。北朝鮮の非核化のための費用負担を周辺国と分け合うための目的もある。
http://japanese.joins.com/

6・25戦争(朝鮮戦争)は、北朝鮮版の民族統一論を北が武力で強行した結果起きた大惨劇だった。6・25以降も南北は国力競争でリードした側が統一議論をリードしてきた。1970年代初めまでは北朝鮮が統一論を主導し、南北の国力が逆転した後は韓国が統一論をけん引してきた。統一の名の下、韓国の市民が自由と豊かさを放棄するはずはない。統一の大義のために金正恩が絶対権力を手放すはずもない。韓国の民主共和政体と北朝鮮の独裁体制を対等に統合した統一国家など実現不可能な妄想にすぎない。それがすなわち、下手に統一しようとすると、平和をもたらすどころか、戦争を招くことになる必然的理由だ。(朝鮮日報)

従って韓半島二国体制という事だが、金正恩が米国に寄り添って韓国と同じように米国に北朝鮮を守らせるとしたら、非核化を条件に北朝鮮を守るという金銭的負担をゼロにできるのか…。負担金の問題が発生する。そして在韓米軍はどうなるのか…。憶測は多々あるとはいえ、金正恩の思惑は米国に通じるのかは難しい。統一にしても二国体制にしても、さほど変わりは無いのではと思うが。米国に寄り添えば、ロシアと中国の貿易は厳しくなるのは目に見えている。北朝鮮も米国に寄り添って、経済は中国とすれば、韓国と同じ運命を背負うことになる…。


関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月19日 10:41 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
余裕なのかうといのか
習近平は朴槿恵に韓国主導の半島統一を要請した
前歴があるから、今もその意向は持続しているかどうか、
韓国の最大の懸念事項のはず。

習近平が韓国代表に会ってくれたとあるが、何を話したかは
出てこない。北朝鮮・韓国に等距離対応に戻って、やりようを
模索しているのだろう。
中国が北朝鮮保護の方針に戻って物資支援を行えば、
北には北主導で統一せよというサインになり、北の
兵器開発ペースが上るから、それはなさそうだ。
案外、中国は難題を抱え込んだ格好で、韓国がそこに
つけいる余地がある。

韓国が「疎外された日本」と書くのは、このような複雑な
半島問題から日本は無縁だということだが、中央日報が
「日本」と持ち出すのは「余裕」なのか、問題にうといのか。

もうすこし経てば、米中の方針と施策が見えてくるでしょう。
[ 2018/03/19 14:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp