韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソニーコリア「韓国のフルフレームカメラ市場で1位狙う」

ソニーコリア「韓国のフルフレームカメラ市場で1位狙う」

ソニーコリアが19日、ソウルで新しいフルフレームカメラの発表会を開いて韓国のフルフレームカメラ市場で1位を占めたいという抱負を明らかにした。

この日、ソウル・ウェスティン朝鮮ホテルで開かれたソニーの新製品発表会ではフルフレームミラーレスカメラ「α(アルファ)7 Ⅲ」が公開された。α7 Ⅲは昨年、ソニーが発表した高級型フルフレームミラーレス「α9」の普及型モデルだ。α9に使われた2420万画素の裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサをそのまま搭載して前作の「α7 Ⅱ」に比べてオートフォーカス(AF)速度は2倍、処理速度は1.8倍速くなった。

ミラーレスカメラはその間、▼ミラーボックスによるブラックアウト▼メカニカルシャッターの騒音と振動▼動体追随範囲の制限--などでDSLR(デジタル一眼レフカメラ)に比べて性能に限界があるという指摘を受けてきた。しかし、「α7 Ⅲ」はこのような既存のミラーレスカメラの限界を克服したという評価を得ている。

ソニーコリアのペ・ジフン部長は「今年の目標はソニーの最終目標である高級型カメラ市場で2倍以上のシェアを増やすこと」としながら「今年の目標はフルフレームカメラ市場で数量と金額面で1位を達成すること」と話した。
http://japanese.joins.com/


2018-03-20-k005.jpg

撮影領域の約93%をカバーする693点の像面位相差検出AFセンサーとコントラストAFを組み合わせたファストハイブリッドAFは、α7RIIに比べて約25%の性能アップになっており、これはすぐにわかるレベルだ。 また動体予測も強化されており、室内で人物を追ってみた限りでは、異なる人物が横切っても追従していたし、横移動から不意に奥へ移動した場合も同様に追従していた。機能では「フォーカスエリア登録機能」「縦横フォーカスエリア切換」が、大変便利だった。「フォーカスエリア登録機能」は使用頻度の高いエリアを指定しておくもので、カスタムボタンに割り振るか、「押す間カスタム設定呼び出し」としてカスタムボタンに登録するかで、使い勝手が向上する。

Zバッテリーは、これまでのものよりも約2.2倍の容量となっており、CIPA規格準拠での計測だとファインダー使用時:約480枚とある。これはメカシャッター使用時の計測結果とのことで、電子シャッターの場合は、メカを動かす必要がないぶん、さらに撮影枚数が増えるという。αシリーズユーザー、とくにα7以降のモデルを使用しているユーザーにとっては、USB充電でお世話になっているmicroUSB端子は、α9でも継続して採用されており、データ通信のほか、USB充電、充電しながら(厳密には緩やかにバッテリー残量が減りながら)の撮影が可能だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月20日 10:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp