韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  東南アジア高速鉄道受注戦、直接乗り出す安倍・習近平…韓国は?

東南アジア高速鉄道受注戦、直接乗り出す安倍・習近平…韓国は?

16兆ウォン規模のマレーシア~シンガポール高速鉄道建設事業の受注戦に韓国政府だけ手をこまねいているとの指摘が出ている。中国と日本は国のトップが受注マーケティングに乗り出しているのに対し、韓国は政府の無関心の中で入札参加に向けたコンソーシアム構成も難航していることが明らかになった。この事業はマレーシアの首都クアラルンプール郊外の新都市バンダル・マレーシアからシンガポールのジュロン・イーストまで350キロメートル区間を結ぶもので、過去最大の高速鉄道事業だ。

発注元であるマレーシアとシンガポールの当局は6月末に入札を行い年末に事業者を選定する計画だ。 入札に参加するために構成された韓国コンソーシアムの参加企業と機関は6カ所。2016年に27カ所に達していたが相次いで減った結果だ。1月にもLS電線、現代エレクトリック、暁星、LS産電、大亜TI、三票E&Cなどがコンソーシアムを抜けた。残ったのは韓国鉄道公社、鉄道施設公団、現代ロテム、現代エンジニアリング、SKテレコムと現地企業1カ所だ。 公企業が投資に消極的なことが民間企業の離脱をあおったと指摘される。中国と日本は韓国の鉄道公社に当たる中国鉄道建築総公社(CRCC)、JR東日本などがコンソーシアムを主導し莫大な株式投資を計画している。

韓国は入札戦略を主導すべき鉄道公社と鉄道公団が一歩引いている状態だ。鉄道公社関係者は「公社が海外に投資した事例はなく、株式投資時に企画財政部の承認を受けなければならないなど手続きが複雑だ。株式投資計画はない」と話した。公企業がこうした態度を取る理由は、基本的に政府が積極的な姿勢を見せていないためだ。史上初の高速鉄道事業受注が韓国の基幹産業に及ぼす影響と戦略的価値から政府が目をそらしていることが民間業界の不満だ。


マレーシア~シンガポール高速鉄道事業の競争構図は韓国と中国、日本など国家間の代理戦の様相で展開している。入札を獲得すれば建設、鉄道、電力、通信などでの経済的効果だけでなく、今後海外の高速鉄道事業でも主導権を握ることができる。最近では高速鉄道の伝統的強豪である欧州のシーメンスやアルストームも加勢し競争が過熱している。

中国と日本は高速鉄道受注と運行経験が豊富で、実力面で韓国より一枚上手だとの評価を受けている。鉄道受注世界10位圏である現代ロテムは海外高速鉄道受注実績が一度もない。鉄道受注世界1位である中国のCRRCと8位の日本の日立や川崎などが2010年からインドネシア、タイ、米国、インドなどでそれぞれ20兆~30兆ウォン規模の高速鉄道を受注したのとは対照的だ。
http://japanese.joins.com/

中央日報は、韓国は入札戦略を主導すべき鉄道公社と鉄道公団が一歩引いている状態だ。鉄道公社関係者は「公社が海外に投資した事例はなく、株式投資時に企画財政部の承認を受けなければならないなど手続きが複雑だ。株式投資計画はない」と話した。公企業がこうした態度を取る理由は、基本的に政府が積極的な姿勢を見せていないためだと指摘する。だが、海外における鉄道受注は、世界銀行を主導する日本と中国だからこそ出来る競争ともいえる。ただ中国主導の世界銀行は、日本主導の世界銀行傘下の位置にある。中国の環境汚染対策で、日本主導のADBは、中国に融資している。また鉄道受注にはODAやEPA等と組み合わせて受注している部分もあり、韓国で云々と言うレベルではない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年03月21日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp